ツイッターを情報商材アフィリエイトに取り入れ稼ぐ

こんにちは、鳥居です。

 

このページではツイッターを使って情報商材アフィリエイト
で稼いでいくということを考えていきます。

それではさくっといきましょう。

 

 

以前にも記事にしていますが、
情報商材アフィリエイトをやっていく上では
数種類の媒体を使い、それらを組み合わせていくことが必要です。

 

当然ツイッターもその中の一つで重要な役割をします。

 

もちろんツイッターは数種類の媒体の中のSNS枠として
挙げているわけですがFacebookじゃいかんのか、という声が聞こえてきそうです。

当然ながらFacebookでもいいわけで、
まあツイッター、Facebookそれぞれにメリットデメリットがあるので
うまく使いわけていくことが大切だ、ということです。

ここではツイッターについてお話しします。

 

目標とするターゲット像によってもどんなメディアが効果的か
ということはあるわけであって、そういう意味では
ツイッターには男女関係なく若い層のユーザーが多いものなので
若い人たちをメインのターゲットにするのならツイッターはかなりの威力を発揮します。

 

またFacebookと違って複数アカウントを作ることもできるので
僕としてはおすすめしていますね。

 

 

ツイッターを使って無料オファーなどの案件を流すという
やり方もありますが、ここでは情報商材アフィリエイトの中の
ツイッターを使ったマーケティングということで考えていきたいと思います。

 

無料オファーのようなものをアフィリエイトして
薄利で売っていくというやり方であればツイッター上でも
直接マネタイズできるものですが、情報商材のアフィリエイトともなると
単純にタイムラインにアフィリリンクを流しておけばいい
というわけにもいきません。

当然のことです。

 

情報商材アフィリエイトにおけるツイッターマーケティングは、
考え方を少し変えていく必要があります。

 

 

 

ツイッターは全体の仕組みの中の1つの歯車である

 
ツイッターを全ての仕組みの中の一つの歯車と考えるべきです。

 

全ての仕組みというのは以前からお話ししているように、
ブログやメルマガ、SNSなど、
もう少し細かく見れば各LPや企画のレターなども含めて
情報商材をアフィリエイトしていく上で必要な媒体全て、
その組み合わせのことです。

 

ツイッターはその仕組みの中の一つであると考えて展開していく必要があります。

これを理解していないと色々と残念なことになるので
気をつけましょう。

 

 

そして複数の媒体を組み合わせた仕組みの中で
ツイッターはどの部分、どこの歯車に当たるのかというと、
それは当然ながら「入口」です。

 

自分の世界観を全面に押し出していく自分のテリトリー、媒体へと導く部分。
お客さんが一番最初にあなたのことを知るところです。

 

当然その「入口」というのは大切で、
そこでそれなりに目立ったり、少しでもお客さんに価値を
提供することができなければその先へとは進んでもらえないわけです。

ここはしっかりと整えておく必要があります。

 

「入口」としてのツイッターも大切なのは言うまでもないですが、
メインはその「中身」であるわけです。

 

情報商材アフィリエイトにおいては「中身」がメインの部分であって
ツイッターはそこに導いていくための役割を果たすんだということを
まずは理解しなければいけません。

 

その役割をわかっていなければ
実際のツイッターの運用の仕方がわからないからです。

 

それこそ先で言ったタイムラインでリンクを流してるだけ
といったことになりかねません。

 

もちろん扱うモノによってはその方法が効果を発揮することもありますが
情報商材はそうではないわけです。

 

まずはツイッターに「入口」としての役割をしっかりと果たしてもらうべく
プロフ画像やプロフ文を整え、毎日ツイートをし、フォロワーを集める努力をしていくんですね。

 

より多くお客さんを集めるにはいくつものアカウントを同時に運用したり、
ツールを使って効率化を図ったりしていく必要があります。

 

そしてそれなりにツイッター上で人が集まってきたら
そこからブログなりメルマガLPなりLINEやSkypeなりに導いていくわけです。

そうやって導線を作っていくんですね。

 

 

 

仕組みを作っていくという考え方は非常に大切です。

 

情報商材アフィリエイトを展開していく上で
いくつかの媒体を持ったとしてもそのそれぞれが互いに完全に独立していては
なかなかうまくいかないです。

 

ましてや、一つの媒体しか持たないということでは結構難しくなってきます。

 

それぞれをうまく結びつけ、それぞれに役割を与えるという考えを持つべきです。

 

その中の一つにツイッターもあるんだよ、というお話をしたつもりです。

今日は仕組み的な面からの話になりました。

 

こういった大枠を理解しておくことは必須です。

 

ツイッターに関するもう少し具体的な話は別の記事でしていますので
そちらも読んでみてください。
ツイッターをネットビジネスで活用する

 

 

 

 

それでは今日はこのへんで。


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ