ツイッターをネットビジネスで活用する

現代のビジネスの世界においては、
もはやSNSの活用というのは必要不可欠になってきています。

 

ネットビジネスのみに留まらず、
企業などのマーケティング活動の中にも
SNSはしっかりと組み込まれています。

 

しかし実際問題として、Twitterなどを見ていても
うまく使いこなせていない人が多いのも事実。

 

そこで今回はTwitterをネットビジネスにうまく活用するために
重要なポイントというのをいくつか挙げてお話ししていきたいと思います。

それではいきましょう。

 

 

目的を明確に

何を目的にTwitterを使うのかということを明確にしておけば
ブレることがありません。

目的と言っても様々です。
ブランディング、サイト誘導、商品紹介、メルマガ誘導
キャンペーン的な使用、サポート、集客・・・・

色々と考えられますし、一つに絞るべきだというわけでもないですが、
例えば商品紹介とブランディングは同時には行われないものです。

そういったところを理解していないと
どちらも効果を成さないものになってしまいうまくいきません。

 

また、少し話は逸れますがメディアごとに自分の「見せ方」を
変えるというのも一つの手です。

ブログの方では真面目な部分を全面的に押し出し、
信念を熱く語る。
一方Twitterのほうでは少し人間味を出すというか、
ふざけてみるというか、以外な一面を見せてみたりする。
Facebookの方ではまたちょっと違った切り口で攻めてみる。

そんな工夫も大切であると言えます。

 

 

 

人間味を隠そうとしない

必要以上に業者っぽさを出そうとしたり、
どっかの本から引っ張ってきたような言葉を
並べ立てたり、そういったことってやっぱり
うけが悪いですよね。

 

むしろ親近感を抱いてもらえるような
発信を心掛けるといいんじゃないでしょうか。
前述した「見せ方」とも少し関わってくるところなので
人にもよるかと思いますが。

顔が出せるなら積極的に出していくべきです。

 

 

 

1人の人を想定した発信を心掛ける

これも大事なことです。
よくコピーライティングの分野などでも
「1人に向かって書け」なんて言われますよね。

それと同じでTwitter上でも
コアターゲット1人に響くようなツイートを心掛けていけば
反応率も上がるというものです。

 

逆にそこがブレるとよくありません。
すごく初歩的な内容をツイートしたかと思えば
その次は専門用語ガチガチの超上級者向けのツイートをする。
そんなアカウントに対してはどちらの層も反応しないでしょう。

 

 

積極的に交流する

これがTwitterなどのSNSのいいところですよね。
ブログやメルマガでは一方的になることも多いですが、
Twitterは比較的近い距離でフォロワーとやり取りができます。

このメリットを使わない手はないでしょう。

 

 

 

観察する

Twitter上には色々な人がいます。
必ずしもいい人ばかりでもありません。

どのような人がどのような言葉でどのように情報発信をしているのか、
そういったことを観察することのできるいい機会です。

その観察結果を元に自らのビジネスを振り返ってみることもできます。

 

その人の発する「言葉」を見ていれば
どういった人物なのか、どのくらいの実力があるのかなど
だいたいのことがわかります。

 

 

 

 

さて、ということで
いくつかTwitter活用のための重要ポイントを
挙げてみました。

ぜひ参考にしてみてください。
自分のTwitterアカウントを見直してみてください。

 

 

 

 

 


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ