Twitterのアクセス解析に必須ツール「Twitterアナリティクス」の使い方

8602670593_cbe0b55ee4_z

 

このページではTwitter上においてのアクセス解析、
それぞれのアプローチの効果測定のために便利な
「Twitterアナリティクス」の使い方等を解説しています。

 

今のネットビジネスにおいては、
Twitterというのはほぼ必要不可欠なツールとなっています。

情報商材系にしても、物販系にしても
Twitterを使用したアプローチというのはするかと思います。

 

その際、自分の取り組みによる効果が測れれば
成果も目に見えてわかりますし、問題点があれば改善のための対策を練ることができます。

そのためにもTwitterアナリティクスの導入をおすすめします。

 

もしかしたらあなたが必死にしてるツイートは誰にも見られてないかもしれません。

Twitterアナリティクスではそんなこともわかってしまうんですね。
これは結構おもしろいですよ。

それではざっとお話ししていきましょう。

 

Twitterアナリティクスはこちらから

 

 

 

Twitterアナリティクスでわかること、見方・使い方

 

さてそれでは、Twitterアナリティクスを開いて
画面を見ながらだとわかりやすいと思います。

Twitterアナリティクスではどんなことがわかるのかというところや
実際の画面の見方を画像を交えてお伝えしていきます。

 

 

始めはホーム画面から見ていきましょう。

 

スクリーンショット 2015-10-11 10.05.01

 

一番上の「ホーム」というタブをクリックすると出てきます。

ここでは

・過去28日間の動き(ツイート数、インプレッション数、プロフへのアクセス数等)
・トップインプレッションのツイート
・トップの@ツイート
・トップのメディアツイート(画像付きのツイート)
・期間中の概要

などを知ることができます。

 

「インプレッション」とは、自分のツイートが表示された回数になります。

フォロー数の多い人などはタイムラインが瞬時に埋まってしまい、
それを全てさかのぼって見るということもまれかと思います。

よってあなたのツイートがフォロワー全員に見られているということはまずありません。

そこでインプレッションという概念が出てきます。

あなたのツイートが何人に見られているか、というところが「インプレッション」です。

 

まあこのホーム画面の見方に関しては特に説明はいらないかなと思います。

 

 

「ツイート」画面について

 

ツイート

上部のタブ「ツイート」をクリックすると表示されます。

このページがやはりこのTwitterアナリティクスの一番のポイントです。

 

ここでは「エンゲージメント」というのを測ることができます。

画像中段、赤丸の部分ですね。

 

このエンゲージメントとは何かというと
自分のツイートに反応したユーザーの数になります。

「反応」とは、お気に入り登録やリツイート、
ツイート内リンクや詳細、プロフのクリック数などを指していいます。

それぞれのツイートをクリックしてみると詳しいエンゲージメント数が表示されます。

こんな感じ。

アクティビティ

これは面白いですね。

自分のツイートにどれだけの人が興味を示したか一瞬でわかります。
数字として出てしまってますので。

なのでツイッターの運用がなかなかうまくいっていないという人は
ここを一度見て見るといいでしょう。

自分が思っているほどツイートは見られていないものです。

 

 

「フォロワー」ページに関して

 

フォロワー

上部タブ「フォロワー」をクリックすると表示されます。

ここではフォロワーの推移や興味分野、
使用している携帯電話会社の種別、性別などがわかります。

 

フォロワーの興味分野というのはビジネスを展開していく上で重要になってくるところです。

 

自分がターゲットにしている層をフォロワーとして
しっかり獲得できているかどうかはこのページが参考になるでしょう。

 

 

 

Twitterアナリティクスのデータを受けて、改善策を考える

 

Twitter上のデータを元に解析をし、次につなげていくということが大切です。

データを見て満足して終わり、では意味がありません。

 

 

それではどのように改善を考えていけばいいのか、
どのようにTwitterアナリティクスを活用していくのがいいのか
というところに少し触れておきましょう。

 

Twitterアナリティクスの中で最も重要なデータは
先でも取り上げた「エンゲージメント」になります。

Twitter上ではやはり反応を取ることが大切ですから
ここはしっかりと見ておくべきです。

 

 

例えばあなたのツイートのデータを今見てみて、
どんなツイートが多くの反応を取れているでしょう?
またどんなツイートが反応が取れていないでしょう?

 

エンゲージメント率を見てみるといいです。

これはインプレッションに対するエンゲージメントの割合です。

この割合を上げていくことがまず必要です。

 

エンゲージメント率の低いツイートを改善していくべきでしょう。

 

 

少し言ってしまえば例えば画像付きのツイートなんかは反応が取りやすいですね。

これは圧倒的です。

 

やはり多くのツイートが流れるタイムラインの中で
画像付きのツイートだとパッと目を引くためと考えられます。

画像を付けてツイートするだけでも自分のツイートを読んでもらえる率は高まるわけです。

 

また、画像の内容によっても反応が変わります。

画像付きツイートの中でも単純に「詳細」のクリック率が上がる画像と
プロフィールのクリック率が上がる画像とがあったりします。

このあたりは自分で運用しながらデータを取ってみて
感覚をつかんでいくといいでしょう。

 

時と場合に応じてどんな画像が適切か、ということを考えていくことが必要になってきます。

 

 

それからエンゲージメント数を上げるために、
インプレッション数を上げるということも大切です。

 

これもインプレッション数が多い時少ない時を見比べてみれば
改善案が考えられるでしょう。

 

ツイートをした時の曜日や時間帯などを見てみるのがいいんじゃないですかね。

これは自分の対象とするターゲットによっても
効果的な時間帯などは変わってくるでしょう。

 

 

Twitterアナリティクスは無料で使えるいいツールですので
こういったものを有効に活用して自らのビジネス展開を考えていくことが大切かと思います。

 

 

 


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ