ツイッター複数アカウント管理に最適な「TweetDeck」

こんにちは、鳥居です。

 

このページではツイッターで複数のアカウントを持ったとき、
それらを効率的に管理することができる便利なツールがありますのでご紹介します。

 

「TweetDeck(ツイートデック)」と言います。

 

ネットビジネス、特にアフィリエイトに取り組むにあたっては
ツイッターのアカウントを複数個持つということも出てくるかと思います。

 

その際、通常のツイッター公式サイトで管理していては
その都度その都度ログインとログアウトを繰り返さなければならず、
これはかなり非効率と言えます。

 

そういった問題を解決してくれるのがこのTweetDeckであり、
これはアフィリエイターであれば必須のツールと言えるでしょう。

 

 

 

TweetDeckでできること

 

さてまずはTweetDeckでどんなことができるのか
というところからみていきましょう。

 

その前にイメージを掴んでいただけるよう
実際の管理ページのスクリーンショットを載せておきます。

 

 

こんな感じになります。

 

僕はここではメインアカウントを左から
自分のツイート、DM、フォロワー、通知という形で表示させています。

英語表記になっていますがわかるかと思います。

 

 

さて、TweetDeckでできることですが、
基本的にツイッターの公式サイトの方でできることはすべてできます。

 

それに加えて、やはり一番大きなポイントは複数のアカウントを同時に
登録することができるというところです。

上に載せた画像は僕のメインアカウントのみの登録になっていますが、
複数アカウント登録可能です。

 

実際の形としては、例えばアカウント①のDMの横に
アカウント②のDMやタイムラインを配置することができたりします。

 

今まではアカウント①のDMを見たあとアカウント②のDMを見ようとすると
アカウント①をログアウトして再度アカウント②にログインする必要がありましたが、
TweetDeckを使えば同時に表示させることができるので、その必要がなくなります。

これはかなり効率化が図れるところであり、
TweetDeck最大の強みでもあります。

 

 

またスクリーン中縦の枠、「User」とか「Messages」とか書いてあるものですが
これをカラムといいます。

 

このカラムはDMやフォロワーのみならず
タイムライン、通知、@ツイート、アクティビティ、お気に入り、リストごとのTLなど
多くのものを同時に表示させることができます。

それもまた便利な点ですね。

 

 

それからもう1つ。

 

これはTweetDeck独自になりますが、
予約ツイートが可能です。

 

もちろんTweetDeck内からツイートすることもできるんですが、
そのツイート時にツイートの日時を指定することが可能です。

 

指定した後はその時間になれば勝手につぶやきが投稿されます。

 

これは公式の方ではない機能であり、
アフィリエイターにとってはすごく使えるものなのかなと思います。

 

 

 

さて、今日は基本的な機能の紹介のみにとどめておきます。

 

もう少し細かく見ていくと便利な機能もいくつかあるんですが
アフィリエイターとして必要最低限のTweetDeckの機能を紹介しました。

 

それから具体的な使い方に関してもその内容は別の記事に譲るとします。

 

最後にTweetDeckのリンクを貼っておきますね。
TweetDeckはこちらから

 

 


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ