ツイッター管理ツール「TweetDeck」の詳しい使い方

TweetDeckの使い方

 

こんばんは、鳥居です。

 

このページではTweetDeck(ツイートデック)という
ツイッターの複数アカウントを管理するときに最適なツールについて
その使い方の詳細を画像を交えて紹介していきたいと思います。

 

本当にこのTweetDeckは便利なもので、
ツイッターを運用するアフィリエイターなどには必須のツールと言えます。

ここでしっかりと使い方を覚えていってください。

 

TweetDeck自体の紹介は前回記事でしてます。
まずはこちらからざっと目を通していただけるとTweetDeckとはどんなツールで
どんなことができるのか、ということがご理解いただけますので。
ツイッター複数アカウント管理に最適な「TweetDeck」

 

それからTweetDeckはこちらから

 

 

再度TweetDeckでできることのみ要約しておくと
・公式ツイッターでできることは全てできる
・予約ツイート
・カラムでTLやDMを表示させての一括管理
・複数アカウントでもいちいちログインログアウトの操作なしに管理
・TLなどに関して表示の絞り込み(画像付きツイート、リンク付きツイートのみ表示など)
・各カラムごとに新規情報の追加時にアラートで通知(例えば新しいDMが届いたときに通知してくれる)
・絞り込み検索

などでしょうか。
細かくみればもう少しありますが、まあよく使うところはこんな感じで、
それぞれの具体的な使い方も後ほど解説していきます。

 

 

 

TweetDeck管理画面全般の基本的な使い方、説明

 

さてそれではまずは管理画面の説明から順にしていきます。

TweetDeckの管理画面の説明に関する画像

画像を見てみてください。

これが実際にTweetDeckの管理画面になります。

 

僕のツイッターのアカウントを一つ登録し、
左から自分のツイート、DM、フォロワー、
@ツイート、タイムラインを表示させている状態です。

 

この自分のツイートやDMなどといったそれぞれの内容は
縦長の枠で表示されていますが、これをカラムといいます。

 

よくサイトなどでサイドバー1つのデザインを2カラム、
サイドバー2つを3カラムなどといったりしますがそれと同じですね。

 

そしてこのカラムは好きなものを好きなように並べることが可能です。
(詳しくは後述)

 

また今は1つのアカウントだけの登録になっていますが、
実際は複数アカウントが登録可能で、例えば3つアカウントを登録して
それぞれのDMのカラムを3つ並べるといったこともできます。

 

これによって今まで公式ツイッターの方では
3つのアカウントのDMをチェックしようと思ったらそれぞれのアカウントごとに
ログアウト・ログインが必要でしたがその手間を省くことができ、
かなり時間短縮になるというわけです。

これがTweetDeck最大の強みかと思います。

 

 

そして左側のバーを見てください。

それぞれについては画像の中に赤文字を入れましたので
わかるかと思います。

 

新規のツイートをする時には一番上の所を、
ツイッター内を検索する時にはそのしたの虫眼鏡のマークの所を使います。

 

そしてその下に赤枠で囲った部分、7このアイコンが表示されていますが、
これが現在自分が表示させているカラムになります。

アイコンのマークと右側で並んでいる
カラムの一番上のマークが一致しているかと思います。

 

その下の「+」マークでカラムを追加することができ、
ここは自由に変更可能です。(詳しくは後述)

 

さらには下の方に「アカウント情報」と書いたところがありますが、
ここで登録しているアカウントの詳細を確認することができます。

過去ツイートやフォロワー数など、
要は公式ツイッターの「プロフィール」にあたる部分がここです。

 

登録しているアカウント全てをここで確認できます。

 

そしてその下の「設定」ではTweetDeck全体の設定をすることができます。

 

 

さてそれでは管理画面の見方の説明を終えたところで、
それぞれの細かい部分の使い方をみていきましょう。

前述した、TweetDeckでできることや、
管理画面の操作などに関わって一つずつ解説していきますので
使えそうなところがあれば参考にしてください。

 

 

 

予約ツイートをする方法

 

TweetDeckならではの便利機能、予約ツイートに関してです。

"TweetDeckの予約ツイートに関しての画像

画像を見ていただければわかるかと思いますが、
まず、ツイートに関しては全て左上のツイートのマークからです。

 

そこをクリックすると背景が青いツイートの画面が表示されます。
ツイートの内容を入力するところはいいろ思いますが、
赤枠で囲った部分、ここが予約ツイートの設定欄になります。

 

何も触らなければたった今の時刻になっていますが、
ここを自分がツイートを投稿したい時間に
設定することで予約ツイートが可能になります。

 

ちなみにすぐ上の「Add image」は画像付きのツイートをする時に使います。

 

 

 

カラムを追加する、各カラムについて

TweetDeckのカラム追加の説明に関しての画像

左のバー「+」をクリックすると画像のような画面になります。

 

ここから好きなものを選んで管理画面に表示させることができます。

 

【Home】:タイムライン
【Notifications】:通知
【Mentions】:@ツイート
【Mentions(all accounts)】:TweetDeckに登録しているアカウント全てへの@ツイート
【Activity】:アクティビティ
【Favorite】:自分のお気に入り
【Lists】:自分が作成したリスト
【Scheduled】:予約ツイートの確認
【Search】:ツイッター内検索
【Followers】:フォロワー
【Messages】:DM
【Messages(all accounts)】:TweetDeckに登録しているアカウント全てへのDM
【User】:自分のツイート
【Trending】:現在のトレンドの中から任意のもののみ表示
【Collections】:任意のツイートのまとめ保存

 

だいたいわかるかと思いますので、
触りながら覚えてみてください。

 

例えばツイッターで知り合いなどのツイートがタイムラインに埋もれないように
リスト化したりすることもあるかと思いますが、TweetDeckではそのリストに
登録されているユーザーのツイートのみを表示させることもできます(【Lists】)

 

 

 

アカウント追加方法

"TweetDeckのアカウント追加の説明に関しての画像

 

複数アカウントを同時に管理できることがTweetDeck最大の強みかと思いますが、
ここでは基準となるアカウント以外のアカウントを登録する方法の説明です。

 

左側のバー「アカウント情報」のアイコンをクリックすると水色の背景で
現在登録しているアカウントの情報を見ることができます。

 

その一番下、赤枠で囲った部分「Add another Twitter account」をクリックすると
連携アプリ認証の画面になるのでそこにTweetDeckに追加したいアカウントの情報を
入力して登録すれば完了です。

 

 

 

カラムの内容に関して絞り込みの機能を使い必要な情報のみを表示させる

 

TweetDeckは絞り込み表示の機能が結構優れています。

 

例えばタイムラインのカラムに
画像付きのツイートしか表示させないというようなことが可能です。

その詳細について見ていきます。

 

"TweetDeckの絞り込み表示機能の説明に関しての画像

それぞれのカラムを見てもらうと画像の中で丸く囲った部分に変なマークがあります。

これはどれにもついています。

ここをクリックすると赤枠で囲った部分が表示されます。

ここから絞り込み表示に関する設定をしていきます。

 

 

赤枠部分では

Showing
Content
Users
Alerts

と4つの項目が表示されています。

一番上のShowingは【Followers】と【Notifications】のカラムのみのようです。

 

 

各項目ごとに説明していきます。

 

Showing
"TweetDeckの絞り込み表示機能の説明に関しての画像

僕のは今この状態になっています。
「Followers」にのみチェックが入っていますが
これで自分のフォロワーのみをこのカラムに表示させているということになります。

他にも「Mentions」や「Quoted Tweets」のチェック欄がありますが
ここにチェックを入れたものが表示されるということになっています。

 

Content
"TweetDeckの絞り込み表示機能の説明に関しての画像

Contentの項目は4つの項目から成り立ちます。

Showing→画像付き、リンク付き、動画付きのツイートなどに関する絞りこみ
matching→指定語句を含むツイートなどの絞りこみ
excluding→指定語句を除くツイートなどの絞りこみ
retweets→リツイートを含めるか含めないか

 

Users
"TweetDeckの絞り込み表示機能の説明に関しての画像

これはツイートの投稿ユーザーの絞りこみです。

「By」の欄にユーザーを指定します。
そして「mentioning」の欄を指定することで
特定のユーザーへの@ツイートを表示させることができます。

 

Alerts
"TweetDeckの絞り込み表示機能の説明に関しての画像

そして最後、ここではアラートが設定できます。

このカラムの内容が追加された時などに通知をしてくれます。
例えばDMのカラムでアラートを設定しておけば
新しくDMが届いた時に教えてくれるというわけです。

音での通知とポップアップでの通知が選べます。

 

 

また、これらの絞り込み機能は、
検索の際にも使うことができます。

"TweetDeckの絞りこみ機能の説明関しての画像

 

ここで1つさっきまでの説明にはなかった「Engagement」という項目があります。

ここはツイートについているお気に入り数やリツイート数を指定するところで、
これを上手く使えばユーザーからレスポンスのあるツイートを検索したりということが
可能になります。

 

 

 

「Setting」でできること

 

最後に左側のバー下の方の「Setting」で設定できることに
少し触れておきたいと思います。

ここではTweetDeck全体の設定を行います。

 

テーマカラーやカラムの幅、フォントサイズはここから設定します。
"TweetDeckの設定の説明に関しての画像

「Mute」では任意の語句を含む投稿や任意のユーザーを非表示にすることができます。
これもまた便利な機能です。

 

キーボードショートカットの設定もここからできます。
"TweetDeckの設定の説明に関しての画像

こんな感じ。

 

これも上手く使うと作業効率化につながりますね。

 

 

さて、それでは結構長くなりましたが
これでTweetDeckの説明を終わりにします。

 

 

 

 


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




“ツイッター管理ツール「TweetDeck」の詳しい使い方” への6件のフィードバック

  1. 無名人 より:

    あの… ちょっと質問してもいいですか?

    カラム追加すると相手にわかるのですか?

    • 鳥居 より:

      ご質問ありがとうございます。返信が遅れてしまって申し訳ありません。
      質問内容に関して、「相手」というのは自分のフォロワーさんという認識でよろしかったでしょうか?
      いずれにしてもTweetDeck上での自分のアクション等が外部に通知が行くということはありません。
      タイムラインやメッセージ、リストなどTweetDeck上に表示させることができるカラムはたくさんありますがそのどれを追加したり、操作したりしたとしても自分以外の人間がそれを知ることはありませんので安心してお使いいただければなと思います。
      答えになっていれば幸いです。
      また今後ともよろしくお願い致します。

  2. 通りすがり より:

    TweetDeck愛用しているものです。

    「カラムの内容の絞込」の中のContentのmatchingに複数の絞込キーワードを入力できないか探しております。

    空白やカンマなどで区切ってみてもダメでした。

    現状、一つのキーワードでしか絞込できないので複数のカラムを作成しています。(下図参照ください)

    https://gyazo.com/841159c2188f662a977c689759e109a6

    できれば一つのカラムで複数キーワードの絞り込みができれば助かります。

    もし、ご存知でしたらご教示ください。

    よろしくお願いします。

  3. 通りすがり より:

    追記です。

    半角スペースで複数キーワード検索できますが、AND検索でした。

    OR検索したいんですが...

    演算子なんかでもやってみてますがダメっぽいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ