「売れるサイト」作成には?エド・バーネットの40/40/20の法則でビジネスを見直す

このページでは「売れるサイト」を作成するにあたって
Webデザイン、コピーライティング以前に大切な、
マーケティングの考え方の話をしています。

 

あなたが今自分のビジネスを持っていたとしても、
また、これから自分のサイトを作って展開していこうと考えていたとしても、
まず一番最初に考えるべき、基本的な部分です。

 

ここに立ち返って自分のビジネスを見直し、
また、構築していけたらいいものです。

 

 

デザインやライティングといったものも実際は、
その大元のマーケティング戦略ありきです。

 

マーケティングを考える時点でコケていたら
その後のデザインやライティングといったところも
当然効果的なものは仕上がりません。

 

根本から見直してみてはどうでしょうか。

 

 

 

「エド・バーネットの40/40/20の法則」

 

ということで、エド・バーネットの40/40/20の法則というものを
ご紹介しておきたいと思います。

 

マーケティングの基本としてよく言われるものに、
「STP」や「4P」などがありますね。

STPは
・segmentation(セグメンテーション)
・targeting(ターゲティング)
・positioning(ポジショニング)
の頭文字をとったものです。

 

いかに市場を細分化(セグメンテーション)し、
どんな層をターゲットにするか(ターゲティング)決定し、
顧客に対する競合優位性を示す(ポジショニング)かというところを
考えるもので、マーケティングの基本と言えます。

これありきで商品作りが進んでいくわけです。

 

 

また、4Pとは
・product(商品)
・price(価格)
・promotion(宣伝)
・place(流通)
の4つの「P」のことで、これも商品を売っていくには
必要不可欠な考えです。

 

このあたりもまた詳しくお話しする必要があるかと思いますが
その内容は別記事に譲るとします。

 

要はどちらもプロモーションばかりやっていてもだめで、
商品自体、そして戦う市場自体がそもそも大切だよ、
というお話であるわけです。

 

 

マーケティングと聞くと、
いかに広告だして宣伝していくか、みたいなことを
考える人も多いわけですが、それのみではなくて、
どんな商品を作るか、どんな市場で戦うか、
そういったところが宣伝活動以前に大切になってくるわけです。

 

 

そしてエド・バーネットという人がそういった部分を
もっとざっくりと言い表したものが、40/40/20の法則になります。

 

40,40,20というのはある要素の比率です。

 

40%:ターゲットは適切か
40%:商品の質はどうか
20%:サイトデザイン、コピーライティング等のプロモーション・セールス的領域

 

マーケティング戦略がしっかりと機能し、
売り上げを生み出すかどうかは上記これらの要素が、
これらの比率で考えられているかどうかで決まるということです。

 

エド・バーネットの40/40/20の法則を見ればわかりますが、
プロモーションが占める割合は全体の20%です。

 

もちろんそれが「低い」とは言いませんが、
80%は商品の質とターゲットです。

 

したがって、ターゲットも何も考えずに、
そして提供するモノのクオリティをおろそかにして
宣伝することばかり考えていてもそれはうまくいかないよね、ということになるわけです。

 

マーケティングは宣伝だ、と考えている人は
一度こういったところにも目を向けて
自分のビジネスを見直してみる必要があるかもしれません。

 

 

ネットビジネスに関しても同じです。

 

デザインやコピーライティングは言うまでもなく重要なのは確かです。

 

しかしそういったものは大元のマーケティング戦略ありきで決まります。

 

デザインやコピーライティングは言ってしまえば
小手先のセールステクニック。(決して悪い意味ではなく)

 

どんなにいいコピーを書いても
どんなに売れるサイトデザインを考えても、
アプローチするターゲットが不適切であったり、
提供する商品の質が著しく低かったりしたら意味がありません。

 

 

まず、セールスからビジネスを考えているようであれば、
エド・バーネットの40/40/20の法則から学ぶものは大きいのかと。

 

 

ぜひ、ご参考までに。

 

 

 

 

 


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ