「プロモーションアフィリエイト」とはどんな手法か。

プロモーションアフィリエイト

 

こんばんは、鳥居です。

 

このページでは「プロモーションアフィリエイト」の概要、そしてその方法、取り組み方についてお話ししています。

これは新田さんという方が自身で販売されている情報商材「新世界アフィリエイト」の中で
提唱されている手法で、主に情報コンテンツをアフィリエイトする際に用いられるものです。

 

この「プロモーションアフィリエイト」を習得し、実践していくことができれば
あなたのアプローチは劇的に変わるものであり、
それに伴って結果もしっかりとついてくるというものです。

 

情報商材アフィエイトに取り組むのであれば
「プロモーションアフィリエイト」は是非とも押さえておきたいポイントになります。

 

さて、それではその実際について、どんな手法なのか、
どういった考えのもとに成り立っているのかなどといったところをお話ししていきましょう。

 

 

「プロモーションアフィリエイト」が生まれた背景

 

「プロモーションアフィリエイト」は新田さんが作られた言葉です。

当然、その内容を構築したのも新田さんです。

 

新田さんの中で「プロモーションアフィリエイト」構築に至るまでの背景というものが
少しあったようで、まずはそのあたりから順にお話ししていこうかと思います。

 

情報商材のアフィリエイトに限っての話をしますが、
「プロモーションアフィリエイト」が生まれる以前に
この業界で流行っていた手法をご存知でしょうか。

 

どのように情報商材をアフィリエイトしていたか、ということですが、
これまではまず「レビュー」がアフィリエイト手法として主たるものになっていました。

 

要は自分がアフィリエイトする商材に関してのレビュー記事をブログなどに書く。

そしてその記事を読んでもらって購入してもらうという手法です。

 

すごくシンプルなものですが、こういった手法が一般的だったわけです。

 

一般的ということは結局は同じようなことをやっている
ライバルがたくさんいたということになります。

 

皆同じ商材をアフィリエイトするために同じようなレビューを書き、
少ないパイを取り合っていたわけです。

 

当然、商材自体はどのアフィリエイターから買っても同じですので
アフィリエイターからすれば少しでも自分のところから買ってもらおうと工夫するようになります。

 

「特典」をつけ始めたわけです。

 

要は商材自体は同じものであるので少しでも差別化を図り、
有利にアプローチをしていくために、商材に+αしてアフィリエイター独自の
「特典」というものをつけてアフィリエイトしていたわけです。

 

特典の内容としては例えば対談を録音したものだとか、
なにかしらの内容をPDFにまとめたものであるとかそういったものです。

 

 

そのようなものを特典として商材につけ、アフィリエイトしていたわけですが、
この手法も実際はだんだんと雲行きが怪しくなります。

 

まあ特典をつけるということは今でも普通に行われていますし
「プロモーションアフィリエイト」も抽象化すればその点で同じと言えなくはないですが。

 

 

それはいいとして、以前の手法がどのようになっていったかというと、
アフィリエイター間でより差別化を図るために「特典合戦」が行われるようになったんです。

 

要は特典の「数」を増やすことに一生懸命になり、
「ライバルが5個つけたからこちらは10個つける」といった争いに発展していったわけです。

これはあまり良い流れとは言えません。

 

 

数重視のため質の低い特典が多数つけられるようになり、
結局は購入者のためにならないということ、
それから商材自体にもかなりのボリュームがあるため
購入者が消化不良を起こすということなどといった問題が発生しました。

 

それが以前のアフィリエイト業界の実態だったわけです。

 

そしてここからようやく本題に入ることができますが、
これまで述べてきたようなアフィリエイト業界の実態を打破すべく、
新田さんが打ち出されたものが「プロモーションアフィリエイト」であるわけです。

 

 

 

「プロモーションアフィリエイト」とはどんな手法なのか。

 

「プロモーションアフィリエイト」を一言で説明するとすれば、
自分の「企画」を特典としてつけて商材をアフィリエイトするといった手法です。

 

企画というのは例えば「◯◯◯◯を学ぶための講座」みたいなものだったり、
自分のコミュニティ内で何かを学んでもらえるよう環境を提供したりなどといったことです。

 

結局特典をつけてアフィリエイトするんじゃないか、と思われたかもしれませんが
「プロモーションアフィリエイト」はそうではありません。

ただ自分独自のPDFをつけておけばそれで「プロモーションアフィリエイト」かと
いうとそうではないということです。

 

 

この手法は、アフィリエイトのための手法でありながら
実際は極めて情報販売やコンサルティング業に近いような仕事をすることになります。

自分の企画を売るといった感じです。

 

もちろんそれはアフィリエイトする商材と全く関係のないものであってはなりません。

 

あくまで商材メインで、それをいかに使って購入者の力を伸ばしていけるか
というところがポイントになる部分でもあり、
そしてそれがアフィリエイターの力量が問われるところになってくるわけです。

 

「新世界アフィリエイト」の中の言葉を引用すると、

昔:良い物を紹介する(評価者)
今:教育ビジネス

とのことです。

 

 

レビューが流行っていた頃はアフィリエイトはただの紹介ビジネスでした。

しかし「プロモーションアフィリエイト」の考え方を踏まえて
今のアフィリエイトのあり方を考えるとそれはただの紹介ビジネスではなくて、
「教育ビジネス」と言えるわけです。

 

アフィリエイトする商材をうまく使って、それを軸に企画を考え、
商材と企画を同時に売り出す。

そして購入者のレベルアップにコミットする。

 

そういったところが今の情報商材アフィリエイトが教育ビジネスと
いわれる所以です。

 

 

 

もちろん、売上の面を考えてもこの「プロモーションアフィリエイト」は
非常に有効な手法と言えます。

 

質の低い特典をたくさんつけ、数で勝負していた時代を
わかりやすく例えるならば今の牛丼業界でしょうか。

 

数社の大手チェーンがしのぎを削っているわけですが、
A者が30円値引きしたらこちらは50円値引きする、
B者が期間限定イベントメニューを売り出したらこちらも似たようなもので対抗する。

そんな状況が見受けられますがこれは「特典合戦」です。

 

 

それに対して「プロモーションアフィリエイト」は「ブランド」です。

 

自分独自の企画というものは唯一無二であり、
圧倒的な差別化が図れるというわけです。

 

コストリーダーシップ戦略的な売り方ではなくて、
オリジナリティのあるもので勝負を挑んでいくために牛丼チェーンではありえないような
安定感のある展開をしていくことができるというわけです。

 

また、それと同時に購入後も購入者の方としっかりとしたつながりができるために、
リピーターになってもらえる率がかなりの割合で高まります。

それも非常に大切なことであるわけです。

 

まさにこれから情報商材アフィリエイトに取り組んでいくにあたっては
この「プロモーションアフィリエイト」は外すことができないところだと言えます。

これを機に学んでいくことをお勧めします。

 

 

 

ということで、一応僕の方でも「プロモーションアフィリエイト」を基礎からしっかりと習得していただくための講座を開講しています。

 

新田さんの言われる実際の内容はかなり濃いものであり、
到底ブログ内では書ききれないために講座という形をとってやらせていただいていますので。

また興味があればご参加ください。

 

「プロモーションアフィリエイト」を学ぶための講座はこちらから

 

 

また、情報ビジネスに関してメルマガ内でも結構濃ゆく語っております。
なかなかブログのようなオープンなところではできないような話もしていますので興味があれば登録してみてください。

*メールアドレス
*お名前(姓)

登録後、メルマガ読者限定のメンバーサイトにご招待しますのでそちらでもまたビジネスのことを学んでいただけます。

 

 

それでは今日はこのあたりで失礼します。

 

 

 

 

 


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ