マーケティングの理想は販売を不要にすることだー

EW6zxAZOnbMD7FS7MKohxX5fSa3nQtLKol0bfolnr7rT0A2n1kwtF3xHbY_TYGJ2O67gkMLg70O21hCW2MQ=s620

 

こんにちは、鳥居です。

 

マーケティングの話を少々。

 

 

完成された商品を販売していくアフィリエイトの世界においては
当然、商品開発の必要性がないためマーケティングといえば
いかにセールスをかけていくか、みたいなところに
焦点を置きがちになるんですが実は全くそうではなくて。

そのあたりの話を少し。

 

 

情報商材系のアフィリエイトをやっていくには
やはり、ただ何も考えずにブログを書いてるだけとか
そういったことではいけなくて、しっかりとマーケティングの考えに
則って事を進めていく必要があります。

 

そこでしっかりと認識しておかなければいけないこととして、
マーケティング=販促ではない、ということがあります。

 

もちろんマーケティングの中に販促も含まれるものですが
それのみに終始するわけではないということになります。

 

 

 

マーケティングの理想は販売を不要にすることである

 

ドラッカーの名言の中にこんな言葉があります。

マーケティングの理想は販売を不要にすることである。

 

まさにこの言葉がマーケティングの本来あるべき姿というのを
一言で言い表しているものと言えます。

 

マーケティングの戦略をしっかりと立て、
それを確実に実行していくことができれば、
セールスをせずとも商品が売れていく、というわけです。

 

もちろん、ドラッカー自身も「なんらかの販売は必要だ」と
述べていますが、やはりセールスということを中心に自分のビジネスを
組んでいってしまうと後々辛くなってくるというものです。

 

 

マーケティングは顧客ありきで進んでいきます。

 

どんな市場をどうセグメントし、そこにいるどんな人たちを
ターゲットにするかというところから始まります。

 

そしてそのターゲットに対して、「商品を合わせていく」
ということを考える必要があります。

 

アフィリエイトの場合であれば自分の強みなども考慮しつつ
定めたターゲットに対して最もマッチする商品、商材を扱っていく、
もしくは扱う商品、商材等を顧客にマッチさせるという作業が出てくるかと思います。

 

その内容自体を操作することのできない商材を顧客にマッチさせる
というのは少し考えづらいところではあるかもしれませんが、
商材の意義を再定義することやプロモーションアフィリエイトの手法を
用いることでマーケティング戦略を立てやすくなるはずです。
プロモーションアフィリエイトに関してはこちらから

 

こういったそもそもの部分、どんな人にどんな商品を届けたいか
というところの考えをおろそかにしているとその後のアクションも
とれなくなりますし、いくらセールスに力を入れたところで、一向に売れないでしょう。

 

逆にいえば必要以上に猛烈なセールスをしなくとも
勝手に商品が売れていくという状況を作り出すことを
マーケティングでは目指すわけですから、しっかりとした
マーケティング戦略ありきのセールスがいかに強いかということもわかるかと思います。

 

 

集客やセールスをがんばっているのに全然売れない、という人は
一度そういったマーケティンング論に基づいて
自分のビジネスを見直してみるのがいいんじゃないでしょうか。

 

 

 


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ