メルマガLP(ランディングページ)の作り方を徹底解説

srA26k9Jdrw1kX75V8Kq6ggUFtTe7e0NSB7zbzDfMRoOGAKVL_9mQX-ySs7XVNKoyURbSLHYBDj9roVeRps=s620

 

 

こんにちは、鳥居です。

 

このページではメルマガアフィリエイトを行なっていく際の
メルマガLP(ランディングページ)に関して、その重要性や作り方などをお話ししています。

 

メルマガはダイレクトレスポンスマーケティングで
情報商材アフィリエイトを回していく上ではいずれ必須になってくるものです。

 

初心者のうちからいきなりメルマガを初めてしまうというのは
あまりおすすめできませんが、しっかりと力を蓄えた上でメルマガアフィリエイトに
取り組むというのは売り上げ増大のためにも非常に有効な手立てであります。

 

メルマガのライティングに関しては別記事に譲りますが、
このページではメルマガ読者を集めていう上で重要になってくる部分、
LP(ランディングページ)に関してのお話になります。

 

 

 

メルマガの読者を増やしていくためにLP(ランディングページ)は必要不可欠だ

 

LPとは?

まず、LPとは何か?という部分は大丈夫でしょうか。

ブログ内でLPというと、検索エンジン経由でユーザーが訪れる
最初のページを指したりしますが、メルマガLPというと主にメルマガの
登録ページのことを言います。

目を引くようなキャッチコピーで始まり、メルマガ内容などの説明があって
最後にはメルマガ登録のためのフォーム(アドレスや名前の入力欄)が設置されてる
セールスレターなどに比べると短めのあのページのことですね。

ネットビジネスの世界にいる方であればよく目にするのではないでしょうか。

 

LPの重要性

このメルマガLPですが、情報商材アフィリエイトを展開していくにあたって
メルマガを発行していく際には、必ず作っておきたいものです。

 

理由は単純に、メルマガ登録率を圧倒的に高めるから。

これですね。

 

メルマガLPを実際に運用する場というのは、
例えばSNS上のタイムラインやプロフィール欄だったり、
ブログトップページ、ブログ記事内だったりと色々ですが、
いずれにしても登録直前に一旦、このLPにユーザーは辿り着くわけです。

 

その際、LPが実際LPと呼べるようなものではなく、
ただ、名前とメールアドレスを記入するフォームがあるだけの
そっけないものであったとしたらどうでしょうか。

 

これは解析を入れて数字をとってみれば一瞬でわかることですが
驚くほど直帰率が高く、登録率が低いということになるでしょう。

これは当然といえば当然です。

 

ユーザー(お客さん)からしたら自分がその人のメルマガに登録する”理由”が
わからないからです。

 

あたりまえですがメルマガに登録しようとするお客さんは、
そのメルマガに”何か”を求めているわけです。

何も考えずにメルマガ登録しようとしているわけではありません。

 

したがって、その”何か”をこのメルマガに登録すれば得ることができるよ、
ということを伝えてあげる必要が出てきます。

 

それはメルマガ登録率を高めるための工夫と言えますが、
まさにそういったお客さんのニーズを汲み取り、それに沿った言葉でメルマガ登録を促し、
登録率を高めるために欠かせないものが、このLPになってくるわけです。

 

 

メルマガ発行にあたって、準備の段階で
LPのこともしっかりと視野に入れておくといいですね。

 

 

 

効果的なメルマガLP(ランディングページ)の作り方

 

さて、どんなLPが登録率を高めるのか、という話をしていきましょう。

 

もちろんコピーライティング的に見れば
細かい要素は色々とあるのですが、大前提として、
自分がターゲットとする層のニーズをしっかりと捉え、
それを満たす必要があるということが言えます。

このあたりは、コンテンツマーケティングについて少し知っておくと
理解がしやすいかと思います。
→ 戦略的なコンテンツマーケティングについて考える。

 

前述したようにあなたのメルマガに登録しようとしている見込み客は、
あなたのメルマガに”何か”を求めているわけです。

 

それがそのお客さんのニーズであり、
それをメルマガLPというコンテンツで満たすことができれば、
ようやくメルマガに登録してもらえるということになるわけです。

 

 

それでは”何か”とは何か、という話になります。

 

もちろん「メルマガに登録してくれればプレゼントをあげるよ」という形で
集客しているのであればそのあたりも”何か”のうちの一つにはなるので、
LPにしっかりと記載することが必要になってくるわけです。

 

それはそれで一つとして大切なことではありますが、
LP内に絶対に欠かすことのできない要素があります。

 

それは「ベネフィット」の部分。

 

ここが一番大切です。

 

 

要は、「このメルマガに登録して勉強していけばこんな風になれるよ」というところ。
メルマガに登録するとどんないいことがあるのか、というところ。

こんなことができるようになる、
こんな力がつく、
これだけ稼げるようになる、
こんなことが学べる、
こんなライフスタイルを送れるようになる・・・。

 

そういった部分がベネフィットです。
メリットとは少し違った概念です。

 

お客さんがあなたのメルマガに求めていることというのは
それを購読して学んでいくことによる自分自身の成長。

もしくは何かいい情報が得られるんじゃないかという期待感。

 

そういった部分が”何か”であり、それをこのメルマガでは
得ることができますよ、ということをLP内でアピールしていく必要があるわけです。

ここは絶対に外せないところです。

 

 

もちろん他にも重要な要素は色々とありますが、
まずは、ベネフィット。
メルマガ登録に限らず、モノを売っていく上でも一番大切になってくる概念です。

 

しっかりとおさえておいてください。
参考記事を載せておきます。

ベネフィットということ。
機能的ベネフィットと感情的ベネフィット
ネットビジネスにおける「ベネフィット」について考える。

 

 

メルマガLPを構成する要素、作るにあたっての具体的方法

 

LPの作り方
さて、ここからLPを作るにあたっての具体的な話をしていきましょう。

左の図は一般的なメルマガLPの基本的な構図です。
もちろんこれ以外の要素が入ったり順序が違ったり構成が違ったりとメルマガの内容やそのターゲットなどによってもLPの内容は変わってくるわけですがあくまでも基本的なものとして参考程度に。

ここでは次の6つの要素を取り入れたLPを例に挙げ、説明していきます。

①メインキャッチコピー
②発行者の紹介
③メルマガの説明等
④ブレット
⑤特典紹介
⑥フォーム

あなたがもし全くの初心者であるならばとりあえずこの通りに書いておけば大丈夫です。

当然ながらメルマガの内容やそのターゲット、特典などといったことはそれぞれで変わってくるものですので、慣れてきたらでいいので自分で探りながら最も成約率の高いLPを目指していけるといいでしょう。

一つずつ各要素について説明してきます。


①メインキャッチコピー

メインのコピーは非常に重要と言えます。

ユーザーがLPに訪れた際にまず一番始めに目に飛び込んでくる部分です。

詳しくは別記事を参照していただければいいですが、
コピーライティングを語る際によく言われることとして「3つの”not”」というものがあります。
→(こちらの前半部分に関連の記述があります

 

要はネット上の文章ってあんまり精読されない、
ユーザーは興味のないページとわかったらすぐに離脱していってしまうという問題があります。

僕ら文章を書く人間はやはり読んでもらいたくて書いてるわけですので
なんとかその壁を越えなくてはいけません。

そのために重要になってくるのがまずトップのキャッチコピーなんですね。

 

ここでいかにユーザーの心をつかめるかが大切。

このコピーが魅力的なものであれば相手はLP自体にも興味を持ってくれて
先を読み進めてもらえることになります。

 

どんなにがんばってLPを作ったところで読んでもらえなければ何の意味もない。
その壁を越えていくために魅力的なキャッチコピーでトップを飾りましょう。

 

その際、「フック」というものを意識することが必要です。
フックというのはある一定の層にのみ引っかかるような言葉。

例えばあなたも電車の中の広告の一言が妙に気になったり引っかかったりして
広告に目を留めたことがあるのではないでしょうか。

その言葉があなたにとってのフックです。
あなた以外の層の人たちは無意識下でスルーします。

そしてそういったフックを
まずはこのメインのキャッチコピーに含ませるということが必要です。

 

フックが何か、を掴むためには明確なターゲット設定とそのリサーチが必要不可欠です。

レターやLPを書く際は徹底的なリサーチが全てだなどと言われたりしますが
それは一つとしてそういうことです。

自分のお客さんのことを知らなければその人に響くコピーなんて書けるわけがありません。

 

②発行者の紹介

LPに訪れたお客さんはどんな人が発行しているメルマガなのかが気になるところ。

あなたがもし魅力的な経歴を持っているのであればそれを書くのもいいですし、
そうでないにしても、こんな信念を持ってビジネスをやってるんだとか、
おれはこういう人間なんだとかそういったことをアピールしていくのがいいでしょう。

こちら側からオープンになっていくことが、
見込み客との距離を縮めることができます。

必然的にメルマガ登録率も上がっていくことでしょう。

 

③メルマガの説明等

ざっくりとどんなことについてのメルマガなのかというのを知らせてあげる必要があります。

中身のわからないメルマガに登録しようという人はいないでしょう。

それから前述しましたがこういったLPなどで非常に重要と言える
「ベネフィット」の部分をこの辺りから入れていくのもいいでしょう。

 

「このメルマガに登録したらこんな未来が待っている」
「こんな知識やスキルを身につけそれによってあなたの人生がこんな風に変わっていくだろう」

そういった部分を訴えていく。

成約率アップのためには必要になってくるものです。

 

見込み客となるユーザーは何もメルマガを読むのが趣味とかなわけでもなく、
ただただビジネスがやりたいわけでもなく、それらを超えた先にある理想の世界を求めているわけです。

その部分に対する訴求が非常に効果的であると言えます。

 

④ブレット

ブレットとは少し聞きなれない言葉かもしれませんが、
よくセールスレターなどにおいてチェックマーク付きの箇条書きで書かれているあの部分です。

一般的にチェックマークが使われることが多いですが別に決まりはありません。

 

ここではメルマガを購読することによって得られる知識や技術、
メルマガの内容といったことを書き出していきます。

当然ながらその一つ一つが魅力的で、
お客さんをワクワクさせることができるようなものであるのが良いです。

 

登録フォームにつながる部分でもあるので、
ここで一気に相手の感情を高め成約へとつなげることを目指します。

 

セールスレターにおけるブレットはとにかく数を出すことが大切だと言われています。

それはまた別に理由があるわけですが、
メルマガLPにおけるブレットは無理に数を出す必要はないのかなと思います。

単純に長くなってしまうからというのが理由で、
LP自体の目標も「メルマガの無料登録」であるので長すぎるのも好まれません。

重要な点をいくつか絞って記述するのがよいでしょう。

 

⑤特典紹介

メルマガ登録率を高めるために、
登録特典を用意するというのは今では常識となっています。

③でベネフィットを語り、④のブレットでメルマガ内容の充実、価値の高さをアピールする。
そしてこの⑤の部分でダメ押しの登録特典と来ればもうあとは名前とアドレスを入力して登録するのみ。

そんな状況にユーザーを追い込むことができます。

 

別で特典を用意するというのはまた大変なことではありますが、
それもネットビジネスを展開する上での仕組みの中の一つとして重要なものです、

ここでもよりよいものを自分の読者さんのために提供していきたいものです。

 

⑥フォーム

メルマガ配信スタンドから取得できるあなた独自のフォームをここに埋め込みます。

ここに必要事項を入力してもらい、
送信ボタンを押してもらうことでLPの役割は完了します。

 

 

 

 

ここまでかなり長くなってしまいました。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

コピーライティングとは非常におもしろいもので、
その技術次第で大幅に成約率が変わったりするものです。

例えばメインのキャッチコピーを変えたら何パーセントか上がったというのはよくある話です。

ビジネスにおいて利益を最大化するためにはこのコピーライティングという分野は
避けては通れないところでもあると言えます。

メルマガLPのライティングにしてもその腕前が顕著に現れるところ。
必要以上に難しく考える必要はないですが、基本を押さえた上で探り探りでも構わないので
自分の、高成約のライティングを身につけていくことができると良いですね。

 

 

 

 

PS.
メルマガのLPを作っていく際には、
内容と同時に、デザインも非常に重要な要素になってきます。

 

LPはお客さんとあなたを初めて繋ぐ接点にもなりうるページで、
同時に比較的お客さんの中ではあなたに対する意識・印象も薄い状態であることも多いです。

 

そういう状況下では、やはりぱっと見のデザインもお客さんからしたら
あなたを判断するための一つの要素になります。

 

綺麗に体裁を整えることも必要になってきますが、
そのためにはいくらかhtmlやCSSといったところの知識も必要です。

しかしながらそのような知識を十分に身につけている人も多くはないかと思います。
僕もそうです。

 

そんな時に役に立つツールがありますので最後に少しご紹介します。

Colorful(カラフル)というツールです。

 

htmlやCSSを始めとしてデザインの知識がない人でも
すごく簡単に綺麗なデザインのLPを作ることができるツールです。

どんなものが作れるかはこちらをみていただければわかるかと思います。(キャプチャのために画面サイズを変更してますので若干崩れてしまってますが、、)

 

 

正直こういったデザインを何の知識もない人が0から作っていくというのはかなり厳しいものです。

 

一刻も早くLPを公開してメルマガ読者を集めていきたいところなのに、
デザインのために1週間遅れ、そのうちにまた技術的な問題により1週間遅れ・・・
とやっていてはいつまでたってもうまくはいかないというもの。

 

このツールは完全テンプレ化されていてほとんど迷うこともなく作業が進められ、
初心者でも数時間あれば立派なデザインが完成します。

投資先としてはすごくいい案件なのかな、と。

 

短縮できるところは徹底的に短縮して
その分ライティングの精査やメルマガ執筆などに時間を当てればいいんです。

そのためにすごくいいツールを僕自身も使っていて非常に助かったので
ここであなたにもシェアできたらなと思いました。

 

別記事でその詳細を書いていますので興味があればまた
参考にしていただければなと思います。

→ カラフルについての詳細をつづった記事はこちらから

 

 

 

 

 


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ