情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法、必要な知識・スキル

こんばんは、鳥居です。

 

このページでは情報商材アフィリエイトでしっかりと稼いでいくために必要な
知識やスキル、またその方法について書いていきたいと思います。

 

情報商材と一口に言ってもそのジャンルは様々ですが、
ここで言うことはたいていどんな商材を売る時にでも使えるものに
なってくるのでしっかりと学んでいってください。

 

 

さてそれでは、稼ぐ方法がわかればそれに伴って
必要となってくる知識やスキルもはっきりするかと思いますので、
そちらから先にお話ししていきます。

 

 

情報商材のアフィリエイトに関しては、大きな戦略で見たら
ダイレクトレスポンスマーケティングを取り入れアプローチを考えていきます。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングについては以前記事にしました。
(→情報商材アフィリエイトとダイレクトレスポンスマーケティング

 

要は「リスト」を集め、そこに対して「教育」をし、
その後にセールスをしていくという流れです。

細かいことはいろいろとありますが、
情報商材アフィリエイトはこの流れにそって進めていきます。

 

 

と言われても具体的な形が見えてこないと思うので、もう少し落とし込んだ
話をしていくと、この流れをネット上に構築した媒体を用いて行っていきます。

 

その媒体というのは、SNS、ブログ(サイト)、メルマガなどが主になりますが
これらをうまいこと組み合わせて稼いでいくわけです。

 

それぞれの利点や欠点、特性があるため
なるべく3つとも使うのが好ましいでしょう。

 

 

 

SNSは主に集客を目的に使用します。

もちろんSNSのみに集客を頼るということはありませんが、
他の媒体にはない拡散性の高さというのは大きなポイントです。

 

良い投稿はバイラルを巻き起こします。

一瞬にして大勢の目に触れることになり、
新規見込み客獲得につながります。

 

また、SNSでは属性を絞ったアプローチというのが可能になります。

それによって集客の効率化を図ることができます。

 

 

 

ブログ(サイト)とメルマガに関しても
「プッシュ型・プル型」や「攻めの媒体・守りの媒体」などと言われるように
それぞれ違った性質を持つもので、そのどちらも取り入れたいところです。

 

情報商材アフィリエイトにおけるダイレクトレスポンスマーケティングの
2つめのステップ「教育」の場面でブログやメルマガといったものは
威力を発揮します。

 

 

しかしながら「プル型」とか「守りの媒体」という言い方をされるように、
ブログというものは基本的には”待ち”です。

 

「教育」のためにいろいろと記事を書いたところで、
お客さんが向こうからブログに訪れ、読んでくれなければ何も伝わりません。

 

 

 

ブログにはそういった面でデメリットがあるわけですが、
それをカバーするのがメルマガです。

 

メルマガは逆に「プッシュ型」とか「攻めの媒体」という言われ方をします。

 

お客さんが訪ねてくるのを待ってるだけのブログと違って、
メルマガは一度登録さえしてもらえればあとはこちらの好きなように
お客さんのメールボックスに自分の伝えたいことを届けることができます。

 

それをちゃんと読んでもらえるかはまた別問題としても
少なくともブログ記事に比べれば圧倒的に自分の思いというものは
伝えやすくなります。

 

情報商材アフィリエイトをやるのであれば
これはいずれ必須になってきますね。

 

 

かといってメルマガはいい、ブログはだめだ、ということを
言ってるわけではなくて、一長一短あるのでうまく組み合わせることが
大切だということが言いたいわけです。

 

ブログはうまくSEO対策をすることによって
自動的に集客をしてくれる媒体になります。

 

SEOというのは要はグーグルやヤフーでの検索結果において
いかに自分のブログが上位表示されるかということを考える分野です。

検索結果で自分のブログが上位に表示されていれば
その分お客さんが訪問してくれる確率は高まります。

 

 

さらにはブログは自分の世界観を伝えるという意味でも
非常にいいものかと思います。

 

情報商材アフィリエイトをやる上で大切なことの一つとして、
「自分の理想の世界を示していく」というのがあります。

まあこれについてはまた別の記事でお話しします。

 

もちろんメルマガでの文章を通してそれを伝えるということもするわけですが、
ブログでは自分の好きなようにデザインをいじることができますし、
画像や動画といったものも使えます。

 

さらには”どうでもいい記事”なども書く事ができます。

メルマガで流すようなことではないけど自分のことを伝えるのにいいな
とかそういったことを記事にしておけばブログでは後々まで残るので
それを読んでくれた読者にはあなたの人柄だとか以外な一面的なものが伝わって
親近感を持ってもらえますよね。

 

そういう側面もあるためやはりブログも
情報商材アフィリエイトで稼いでいくためには必須と言えます。

 

 

ブログで自動的に集客して、ブログ内メルマガランディングページ(LP)から
メルマガに登録してもらって、メルマガで「教育」をした後、
セールスまで持っていくという流れが一般的です。

 

細かいことはいろいろとありますが、
そういった形で複数の媒体を組み合わせてアプローチしていくということです。

 

 

 

 

さあさて、ここまできてだいたい情報商材アフィリエイトの流れというか
キャッシュポイントまでの導き方というのはわかってもらえたかと思います。

 

もちろんこの型どおりにあてはめてやればいいとかそういったものではなくて
もう少し柔軟に考えていただければ構いませんが、
あくまでも一例として。

 

 

そして次はそれに伴って情報商材アフィリエイトで稼いでいくためには
どんな力が必要になってくるのか、どんなことを勉強していけばいいのか
という話をしていきましょう。

 

まずはわかりやすいように箇条書きにしておきます。

・マーケティング
・コピーライティング
・ブランディング
・情報発信力

このあたりは必須で、それにプラスしてブログ構築に関してのノウハウだとか、
細かいことは入ってきます。

 

1つずつ見ていくと、マーケティングというのは最も基本的で
重要な要素かと思います。

 

この知識なしにはなかなか厳しいところもあるかと思いますし、
ここでしっかりとした戦略を立てることができなければ
そのあといくら頑張ってもコケてしまうでしょう。

 

かといってアカデミックな知識ばかり詰めこんでいても
情報商材アフィリエイトをやっていく上ではあまり意味はありませんから、
実際に使える形としてのマーケティングを学んでいくことが大切です。

 

 

コピーライティングに関しては、基本的に”文字”でモノを売っていく
ネットビジネス、情報商材アフィリエイトの世界ではこの力はなくてはなりません。

 

コピーライティング力とはただの文章力とは違います。

お客さんの心を動かすような文章を書くことが求められます。

 

ある意味打算的とも言えます。

 

それはもちろん大前提として文章力も必要になってきますし、
さらに心理学などといった分野の上に成り立っています。

 

多くはセールスレターを書く際のスキルを指して言われることがありますが、
それのみにとどまらず全ての情報発信時においてコピーライティング力は問われます。

ここは外せません。

 

 

次にブランディングですが、これも上記2つ同様大切な要素です。

 

ブランディングとは小手先のキャラ作りのみにとどまりません。

アップルやスタバがかなりの売り上げを上げているのは
ブランドの要素が大きいということはよく言われますが、
あれは単にキャラを”演じている”わけではないのは明らかです。

 

ブランディングについても別の記事で詳しく話していますが
高価で買うまで中身がわからないという情報商材の特性上、
それを販売していくにはしっかりとした自分ブランドを確立するということは
なくてはならないものになります。

 

 

情報発信力というのはSNS、ブログ、メルマガなどで発信していく内容の
質を上げていくために必要です。

 

なるべく自分の言葉で自分なりの発信をしていけたらいいですね。

 

 

 

これ以外にもいろいろと細々としたことはあるんですが
とりあえずは上記の力や知識をつけていかなければどうにもなりません。

またしっかりと勉強していきましょう。

 

今日は長くなりましたのでそろそろ締めたいと思いますが、
情報商材アフィリエイトで稼いでいくために必要なものを学ぶために
僕の方からもいろいろとコンテンツを提供しています。

 

またそういったものでも学んでいただければいいんじゃないかなと思います。

 

今日述べた4つの力に関しては僕のメルマガの方でもいろいろと触れていますし、
メルマガ読者限定で公開している「メンバーページ」の方では基礎基本から
しっかりと学べるようなコンテンツを揃えています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

メルマガ登録のリンクを貼っておきますね。

メルマガはこちら

 

 

 

それでは。


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ