情報商材アフィリエイト いかに学ぶか。本?情報商材?

いろいろな方とお話をしていて、
どうやってアフィリエイトを勉強しているんですか?と
質問を受けることがよくあるので、それに関わって。

 

もちろんネットビジネス、とりわけ情報商材アフィリエイトを
学んでいくには情報商材を購入すべきだということは言うまでもないですが、
本ではだめなのか?ということを言われるのでそのあたりを少し考えてみます。

 

僕が思うに本と情報商材では学べることが異なり、
お互いをうまく組み合わせたり、不足分をカバーし合ったりして
学んでいけたらいいのかなと思います。

両者についてそれぞれ見ていきましょう。

 

 

本で学べること

まずはやはり情報商材に比べて値段が安いという点からも
本で学んでいこうという人は多いものですが、どうしてもそこから
学べることと学べないこと、限界というものがあります。

 

本で学ぶことができる内容としてはまず、
「ビジネスに関するアカデミックな知識」というものがあります。

要は大学とか商業高校などの授業で学ぶようなことです。

 

マーケティングであったりブランディングであったり
経営であったり、そういった分野の学問的な内容を得ることができるものと思います。

 

本屋に行けば「マーケティング」と書かれた本はたくさん売られていて、
過去の有名な人物が説いた理論などもそこから学ぶことができます。

 

 

さらには分野によっては情報商材で学ぶより本で学んだほうがよいこともあります。

例えばHTMLやCSS、SEOなどといったところ。

 

これらの知識もいずれ必要になってきますが、
こういう分野はなかなか情報商材では学ぶことができず、
むしろ本で学んだほうが効率がよいというものです。

内容もそっちの方がしっかりしているでしょう。

 

本であれば体系的に学んでいくこともできます。

 

 

逆に本で学ぶことができないのはどんなところか。

 

HTMLやCSS、SEOなどを学ぶとき、
アカデミックな知識を入れるときには本は効果があるという話をしました。

 

さてここで1つ問題になってくるのが、
それらの知識をばっちり学んで身に付けたとして、
いざネットを使って稼いでいこうとしたときに稼げるのか、という点です。

どうでしょうか。

 

例えばツイッターを使ったマーケティングを考えていく際、
その実際はどうか、ということです。

どういう仕組みでフォロワーを増やしていくのか、
バイラルを巻き起こすのか、共感してもらえるツイートとはどんなものか。

全ての仕組みの中でのツイッターの存在についてだとか、
さらにはネット上に仕組みを構築し、それを回していく実際はどんなものか。

 

要は「実際」の部分。

 

そういったところは本ではなかなか補えないところです。

 

いくらビジネスに関するアカデミックな知識をつけたところで、
それを直接ネットビジネス、情報商材アフィリエイトで稼ぐための
「テクニック」とすることができないということです。

 

もちろんネットビジネスでもその本質はリアルのビジネスと同じなので、
アカデミックな知識を基に、ネット上での展開の実際というものを考えていければ
それでいいわけですが、それでは結局効率が悪くなってしまうし、
初心者には限界があるわけです。

 

 

それからなんですが最近は本屋でもよく
「アフィリエイトとは?」みたいなタイトルの本を見かけることが
増えてきました。

こういった本で勉強できないかと思われるかもしれませんが、
実際は当たり障りのないこととか内容的にも薄いことしか書かれていないことが多く、
正直稼いでいくためには使えません。

 

 

結局のところ、「テクニック」は全て情報商材に書いてあるんです。

 

 

情報商材で学ぶことができること

 

情報商材はこの業界の成功者たちが、これまで自身が実践してきた
ノウハウなどを詰め込んだものになるので、極めて「実際」の形に近いわけです。

「稼ぐための知識」がそこには書いてあります。

 

本でいろいろな知識を体系的に学ぶということももちろん大切ですが、
それにプラスして、稼ぐためにネット上で実際何をすればいいか?という部分の
知識をインプットしていくことは外せません。

 

もちろん情報商材の内容が「小手先」だと言っているわけではなく、
優良な商材はしっかりとビジネスの本質からその運用の実際に至るまで
丁寧に記されているわけです。

 

 

まとめ

 

基本的にはネットビジネス、情報商材アフィリエイトで稼いでいくためには
情報商材を用いてのインプットは必要不可欠ということになります。

稼いでいる人はみんな商材を買って勉強しています。

 

それにプラスして、いずれで構いませんが、
ブログでのアクセスアップを目指していこうとか
ブログなどの細かなデザインやレターなどを作っていこうとか思い始めたら
本でSEOやプログラミングを学んでいけばいいということです。

 

どちらがよくてどちらがよくないかということではなく
うまく分野や内容ごとに使いわけてトータルでレベルアップしていくことが
必要かと思います。

 

 

 

 


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ