情報商材アフィリエイトとダイレクトレスポンスマーケティング

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)についてと、
それを情報商材アフィリエイトに取り入れていくことについて
お話ししていきます。

 

さてそれではまず、ダイレクトレスポンスマーケティングですが、
この言葉は聞いたことがあるかと思います。

 

マーケティングの中の1つの考え方になります。

 

通常、マスマーケティングと呼ばれる方法のように、
不特定多数の見込み客に対して大々的に広告を打ち、
販売に結びつけていくというアプローチの仕方が多くとられるかと思いますが、
こういったやり方は資金が潤沢にある大企業などのみに限られてきます。

 

中小企業や個人事業主などはなかなか大きな額を使って
宣伝するということが難しいわけです。

 

そういった状況においてもしっかりと売り上げを上げていくマーケティングを
ということで採用される方法が、このダイレクトレスポンスマーケティングであります。

 

マスマーケティングとは対になる手法で、
集客において見込み客から反応(レスポンス)をもらうという概念が入ります。

 

よくある化粧品会社の「無料お試しセット」などを思い浮かべてもらうといいです。

まあああいうのは大々的にテレビCMも流してるので
どうかと思われるかもしれませんが、
やってることはダイレクトレスポンスマーケティングです。

 

「無料お試しセット」を請求してもらうという部分が
「反応(レスポンス)をとる」というところです。

そういうイメージ、解釈で構いません。

 

通常のアプローチと違ってダイレクトレスポンスマーケティングでは
このような手順を踏んでいくわけです。

 

 

 

そしてこの反応をもらう際に、見込み客の情報が手に入ります。

 

「無料お試しセット」の例で言ったら請求の際にお客さんの電話番号や
住所などを知ることができるわけです。

 

 

次にやることとしては、このお客さんの情報を元に、
個別のアプローチをしていくということです。

ここに通常のマーケティングとは大きく違う
ダイレクトレスポンスマーケティングの特殊性があります。

 

反応のあった見込み客にのみクロージングをかけていくわけです。

不特定多数にいきなりクロージングをするということはありません。

 

反応のあった見込み客というのは
言い換えれば”濃い見込み客”ということができます。

 

この”濃い見込み客”にのみ商品を販売することによって
圧倒的に商品の成約率を高めることができるわけです。

 

それに伴って無駄に広告を打つ必要もなくなるため
必要経費を最低限に抑えることができると言えます。

 

 

それらがダイレクトレスポンスマーケティングの強みです。

 

 

 

通常は反応をとってからすぐにクロージングをするというわけではなく、
なにかしらのフォローなどを入れ、商品をセールスした時のお客さんの
購入へのハードルを下げるということが行われます。

 

そういったステップによって、成約率が上がるということが言えます。

 

 

 

 

中小企業や個人事業主が用いるという旨のことを冒頭で言いましたが、
必ずしもそうではなく、販売したい商品の特性によっても向き不向きというのが
あるので、そういった面も考慮し、マーケティング戦略が組まれます。

 

というのも例えば大手の製菓メーカーがお菓子を売ろうとした時に
このダイレクトレスポンスマーケティングの手法を取り入れたところで
うまくいかないでしょう。

わかりますよね、単純に。

 

逆に比較的高価で信頼性などが重要視されるような化粧品だとか、
情報商材といった類のものを売るときにはこの手法は非常に有効です。

 

商品の特性による向き不向きというのはそういうことです。

 

 

 

 

 

さて、この記事のタイトルにも入れているように、情報商材アフィリエイトと
ダイレクトレスポンスマーケティングについてここから少し考えていきたいと思います。

 

 

情報商材を販売する際にはダイレクトレスポンスマーケティングが
有効であるというのは前述のとおりです。

 

これはなぜかというと、値段も高く、中身が見えないという特性上詐欺などの心配もあって
信頼性が問われるようなものであるために、マスマーケティングに代表されるような
販売方法では売れないからなんですね。

 

まずお客さんに高いお金を払う価値があることを理解してもらうこと、
それから信頼できるものであるということを理解してもらうことは最低限必要になってきます。

 

そういったことは”広告の枠内”では伝えることができないわけです。

 

したがってダイレクトレスポンスマーケティングという手法をもって
アプローチを考えていくことが必要になってくるというわけなんですね。

 

 

 

ネットビジネス、とりわけ情報商材アフィリエイトにおける
ダイレクトレスポンスマーケティングの流れとしては次の3ステップです。

1、集客
2、教育
3、セールス

 

 

まずは集客です。

ここに関連して、不特定多数の見込み客の中から反応をもらい
情報を取得することを「リストを取る」などといった言い方をすることが
ありますので覚えておくといいでしょう。

 

情報商材アフィリエイトにおいてのリスト取りは主に
メルマガになります。

いろいろな方法を駆使して不特定多数の中から”濃い見込み客”を集め、
メルマガの読者になってもらいます。

 

 

 

そして次にやることは「教育」です。

これは学校教育の「教育」とは少し違ったニュアンスで用いられる言葉ですが、
要はその後にあるセールス時の購入へのハードルを下げるためのステップです。

 

メルマガで自分が売りたい商品の、高価であることを”肯定”する内容や
信頼できるものだという内容などを流していきます。

 

もちろん実際のメルマガにおいてはそればかり流していくわけではありませんが、
その詳細については別の記事に譲るとします。

 

 

 

そして「教育」のステップを経て、お客さんからの信頼が高まったところで
3つ目、「セールス」の工程へと移ります。

クロージングをかけていきます。

 

教育のステップがしっかりしていてそれなりの効果を発揮している時、
ここでの成約率というのは跳ね上がります。

 

そんなこんなでダイレクトレスポンスマーケティングが完成するわけです。

 

 

 

何度も言うように情報商材アフィリエイトをしていくには
ダイレクトレスポンスマーケティングは必須です。

 

しっかりと稼いでいきたいのであれば取り入れるべき手法です。


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ