情報商材アフィリエイト 「自動化」についてあれこれ

bsPP_gear

 

 

こんにちは、鳥居です。

 

情報商材アフィリエイトを展開していくにあたって、
「自動化」ということに関して少し、お話ししていこうかなと。

 

自動化というのはもちろん、
ツールなどを使って自分以外のものに働かせるということになります。

 

情報商材系のアフィリエイトにおいて売り上げを伸ばしていこうと
考えるのであれば是非ともこの自動化ということに関しては理解が必要ですし、
同時に実践を考えていくのがいいでしょう。

 

大きく稼いでいる人たちは皆、
早くから自動化ということに力を注いでいます。

 

アフィリエイトをやっていくにあたってはもはや必須と言えます。

ここでそれらについて少し考えていきたいと思います。

 

 

 

自動化のいいところって?

 

あなたがまだ情報商材アフィリエイトの全体像も掴んでいないような初心者であれば
自動化と聞いてもぱっと想像がつかないかもしれませんが、
何も自分のビジネスを全てツールなどで自動で回すということではありません。

 

業界のトッププレイヤーにもなると全て自動で回している方もいるようですが、
初めからそこを目指すというのはやはり懸命ではありません。

部分的に自動化できるところは自動化していくという認識でいいでしょう。

 

 

それでは部分的に、可能なところを自動化していくと
どんないいことがあるんでしょうか。
なんのために自動化をするんでしょうか。

 

 

よく思われがちなことに
「楽をするため」ということがありますが
実際の話、これは少し自動化の目的からはズレています。

情報商材アフィリエイトにおける自動化は、
決して「楽」を目指すためにするわけではありません。

 

 

それでは何のためか。

 

誰でもできる作業は機械にまかせて、
自分にしかできない仕事に全力を注ぐため。

 

これでしょう。

 

 

 

時間は限られています。

自分じゃなくてもいい、誰でもできるような作業に
あなたの貴重な時間を費やすというのは非常によろしくない判断なのではないでしょうか。

誰でもできる機械的な作業であれば機械にまかせる、
こういった発想が持てるといいかと思います。

 

そうすれば余分な作業が削減され、
時間ができるわけです。

そしてその時間を使って、機械や他人には任せることのできない、
「あなたの仕事」に全力で取り組んでいけばいいんですね。

 

「あなたの仕事」とは例えばクライアントに対するサポートやコンサルティング。
それからブログ記事執筆やマーケティング戦略を考える時間。

これらの仕事は決してあなた以外の何者も行うことができないところです。

そしてビジネスの中でも重要で大きなウエイトを占める部分になります。

こういった仕事にしっかりと時間を割き、
質の高いものを提供することができるようにするために、
自動化という概念を考えていくべきなんですね。

 

楽をするためではないというのはそういうことです。

 

 

もちろん初めのうちからなんでもかんでも自動化してしまおうというのは
少し厳しいものです。

 

まずは時間をかけてでもいいので着実に作業をこなし、
ある程度勢いが出てきてさらに効率化し、伸ばしていこうという段階になったら
自動化を考えればいいです。

それまでは地味でもコツコツやっていくのがいいでしょう。

 

 

まあ自動化を突き詰めれば全て自動で売るということもできます。

それぞれのパーツパーツを相互に組み合わせて、
全体で一つの仕組みを作ります。

 

SNSのツールと検索エンジン流入で集客を、
ブログ記事やステップメールなどで教育を、
さらに別のステップメールでセールスを、といった感じで
それぞれを組み合わせていきます。

 

もちろん実際はこんなに簡単なものではなくて
もっと複雑になってくるものですが、パーツを組み合わせ
全体で一つの仕組みを作っていくという意識が必要です。

 

当然ながらこれは簡単ではありません。

それぞれのパーツのクオリティがかなり高くなくては
なかなか仕組み自体が成り立たないものです。

 

したがってすぐにここを目指すということではなく、
始めのうちはクオリティの低い分を労力・時間を使って補い、
確実に力を蓄えていくという考えが大切なのではないでしょうか。

 

 

いずれにしても全て自動化というのは魅力的かもしれません。

先でそこは達成するとしても
今は目の前のことをコツコツ全力で取り組んでいきましょう。

 

 

 

 


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ