情報商材アフィリエイトで稼ぐための全て。

このページでは情報商材アフィリエイトで稼ぐ
ということを徹底的に考えていきたいと思います。

 

知識0の状態からでもわかるよう、
基礎基本の内容から稼ぐための実際に至るまで、
適宜過去記事なども交えつつ全てをここにまとめておきます。

 

それではまず、情報商材アフィリエイトとは何か、というところから始めましょう。

必要がなければ飛ばしていただいて構いません。

 

 

 

情報商材アフィリエイトとは?

 

情報商材アフィリエイトとはどんなものなのか

 

まずは最も基本的なところから話を始めていきたいと思いますが、
さて情報商材アフィリエイトとはどんなものなんでしょうか。

 

アフィリエイトは聞いたことがあるでしょう。

ネット上で行う広告業のようなものです。

よくブログなどのサイドバーに
色々な広告が載っていたりしますがあれのことですね。

ユーザーがそのブログに訪れてその広告をクリックし、
リンク先で商品を購入などすれば広告を載せているブログ運営者に
報酬が入るという仕組みです。

それが一般に言われる、アフィリエイトです。

 

さて、それでは「情報商材」は聞いたことがあるでしょうか?

なかなか普通の暮らしをしていく上では聞かない言葉かもしれません。
この業界特有のものですね。

 

これは一言、教材だと思ってもらえればいいです。
教材です。

情報商材にも色々と種類があって、
ビジネス系、投資系、美容・ダイエット系・・・
とまあたくさんあるわけです。

 

例えばビジネス系の情報商材と言えば、
「ビジネスについて学ぶことのできる教材」ということになります。

そして情報商材は基本的にはネット上のみで取引されます。

お金を払って購入し、後からPDFをダウンロードしたり、
購入者専用のコンテンツサイトが用意されていたり、
といった感じです。

それが情報商材というものです。

 

ということで、「情報商材アフィリエイト」を定義しておくと
「情報商材をアフィリエイトすること」となるわけですが、そのままですね。

 

誰かのブログなどでよく見かけるアフィリエイトの広告は
企業などの商品を扱うものが多く見受けられますが、
実は、情報商材もアフィリエイトすることができるんです。

 

 

情報商材アフィリエイトの何がいいの?

 

さて、次に情報商材アフィリエイト利点のお話をしておきます。

 

なぜ、これに取り組むのがいいのか、といったところですが
情報商材アフィリエイトのメリットを語られるときに一番言われるのが、
「報酬率の高さ」です。

これが他のビジネスに比べれば圧倒的です。

 

言ってしまえば情報商材というものは、
基本的に個人が作ることが多いです。

もちろん販売者は法人になっていることが多いですが、
社員何百人というような企業が作っているわけではなく、
あくまで法人化した個人の場合がほとんどです。

 

したがって要は、
勝手に値段もアフィリエイト報酬率も決められるわけです。

 

物販系のアフィリエイトだとそうはいきません。
メーカー側から販売価格がある程度決められてくる以上
へたに価格をいじることができないわけです。
その商品の相場とかの関係もありますからね。

 

なので高報酬率というのは情報商材アフィリエイト独特の
メリットであると言えます。

 

実際は、50%ぐらいが一般的です。
しかし中には80%を超えるものもあるぐらいで、
他のビジネスでは考えられない事柄の1つです。

 

 

情報商材アフィリエイトの「将来性」

 

「将来性」と書きました。

 

情報商材アフィリエイトは「次につながる」という意味で
すごく「将来性」があるなと感じています。

 

単純に、力がつきます。

 

この業界でよく聞くような、「コピぺだけで稼げる」とか
そういったものではないんです。

ビジネスの本質から学び、収益を上げていく。

 

後述しますが、コピーライティングやマーケティングなどの
知識やスキルが身についたり、実際に自分の媒体を運用することによって
実務の経験を積むことができます。

 

そういったものというのはちゃんと自分の中に残り、
アフィリエイト以外のビジネスへその後手を伸ばしていく際にも、
しっかり活きてきます。

 

ビジネスの本質はネットもリアルも同じであるので、
選択肢を広く持つことができるわけです。

 

これは、ブログに広告を貼るだけのビジネスや、
仕入れと発送を繰り返すのみのせどり・転売的なビジネスではありえないところです。

 

情報商材アフィリエイトはそういった意味でも、
すごくおすすめできるビジネスモデルであるわけです。

 

このあたりの話で参考になる記事を載せておきますので
さらに詳しく学びたければこちらのリンクからどうぞ。

 

情報商材アフィリエイトとは?

 

 

 

情報商材アフィリエイト初心者、初めの一歩

 

さて、情報商材アフィリエイトとは何か、
ということを理解していただいたところで、
実際に行動に移していく際の話をしてきましょう。

 

何から始めればいいの?
どう学んでいけばいいの?

といったところのお話です。

 

 

基礎固めをする

 

もちろん、何の知識もなしにいきなり商材を売っていこうと思っても
うまくいきません。当然です。

いくらか、ビジネスについて学んでいく必要があります。

 

基本的にはこれも情報商材を買って勉強していくのがいいですが
まずは基礎を固めていくといいでしょう。

 

ビジネスの専門用語だとか、ITのことなど、
マーケティングやコピーライティングの基礎基本などです。

 

 

情報商材を買って、使えるノウハウを身につける

 

ビジネスの勉強は基本的には情報商材で行います。

こういうところの自己投資は惜しまないようにしていきたいものです。

業界トッププレイヤーたちのノウハウを数万円で知ることができるわけです。

 

商材にガンガン自己投資をして、
最短で報酬をあげられるよう勉強していきましょう。

 

 

情報商材は分野ごとに分かれていて、
それぞれの分野に特化したものが売られています。

そういったものをいくつか買って学んでいきます。

商材の買い方や勉強の仕方についての詳細は後述します。

 

 

自分の媒体を持つ

 

情報商材アフィリエイトをしていくには、
ネット上に自分の媒体を持つ必要があります。

 

SNSアカウント、ブログ、メルマガ、
LP等、場合によってはセールスレターなどを構築していきます。

そういったものを少しずつ整備し始めましょう。

 

一気に全部というのも大変なので、
まずは取り組みやすいツイッターアカウントなどから
作っていくのがいいと思います。

 

媒体に関してはこちらのリンクから詳細を。
情報商材アフィリエイトを始めるにあたって。必要なもの準備すべきもの

 

 

小さな実績を作る

 

まずは少額でいいので、実際に稼いでみて、
ネットからお金を稼ぐ感覚というのを身につけるのがいいです。

 

僕も初めてネットからお金を得たときのことを覚えていますが
結構うれしいものですよ。

 

普段何気なく使っているインターネットでお金が稼げるんだ!
っていう驚きというか、自分の知らなかった世界を知ったような感覚。

それをまず感じてほしいですね。

結構モチベーションにもなるものです。

 

数万円でも稼ぐことができれば
それをそのまま自己投資のための資金にすればいいですしね。

このステップはしっかりと踏んでおいてほしいと思います。

 

最初の実績を作るためのノウハウは僕のメルマガ内で提供しています。

こちらから登録できますので。

*メールアドレス
*お名前(姓)

 

それから情報商材アフィリエイト初心者初めの一歩に関して、詳細はこちらから
情報商材アフィリエイトに取り組む初心者がまずやっていくこと

 

さて、それではこの先はもう少しビジネス的な話をしていきましょう。

 

 

 

情報商材アフィリエイトとマーケティング

 

マーケティングとは?

 

ビジネスを持って稼いでいくためには
マーケティングという分野は欠かすことができません。

むしろこれなしには始まりません。

 

どんな市場にどんなニーズがあるか、
そのニーズに対してどんな商品を作れば売れるか、
その市場に対してどうアプローチをしていくか。

そういったところを考える分野がマーケティングですが、
情報商材アフィリエイトをしていくにあたってもこれは必要です。

 

まあといってもアフィリエイトであれば商品ありきというところもありますし、
商品があるということは全く0の状態からマーケティングを考えていく必要もないですが、
それにしてもやはり基礎基本はしっかりとおさえておく必要があります。

 

詳細はこちらで確認してください。
情報商材アフィリエイトとマーケティング

 

 

リストビジネスとトラフィックビジネスについて

 

アフィリエイトに限らずですが、
リストビジネスとトラフィックビジネスという2つの形態があります。

これについて少しだけ。

 

トラフィックビジネスとは
一言で簡単に言えば、薄利多売、数で勝負のビジネスです。

客単価は低いけどもたくさんのお客さんにお店に来てもらって
たくさんのお客さんに商品を買ってもらう。

ブログやサイトなどを用意して
そこに大量のアクセスを呼び込み、商品を買ってもらう。

そういった形で展開する方法を
トラフィックビジネスといいます。

 

トラフィックビジネスでは集客をして
そのまま集まったお客さんに販売をします。

 

それに対してリストビジネスでは
その、集客と販売の間に「リストを取る」というプロセスが入ります。

リストを取るとはどういうことかというと、ざっというと
お客さんのメールアドレスや住所などの個人情報を集めるということです。

 

そして次はその集めた「リスト」に対してのみ
販売をしていくんです。

 

これは比較的高価なものを売っていくときに用いられる手法です。
もしくは信頼性が試されるものとかもそうですね。

 

そういったものというのはやっぱりトラフィックビジネス的な売り方じゃ
買ってもらえないわけです。

そこで一旦リストを取って、そのリストに対してのみ
商品の良さや信頼性などを伝えるという工夫をし、
その後販売をしていくという流れになります。

 

情報商材もリストビジネス的なアプローチが有効な商品です。

 

詳細はこちら
ネットビジネスにおけるリストビジネスとトラフィックビジネスについて

 

それに関わって、
ダイレクトレスポンスマーケティングという方法が
情報商材アフィリエイトには最も適しているので、
その説明を次にしていきたいと思います。

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティングで情報商材をアフィリエイトしていく

 

情報商材アフィリエイトの基本的なマーケティングのあり方として
ダイレクトレスポンスマーケティングというのがあります。

 

前述のように、トラフィックビジネス的な売り方というのは、

集客→販売

でした。

 

小売業などを思い浮かべてもらえればわかりやすいかと思います。

お店を構えて、商品を並べて、新聞にチラシを挟む。
そのチラシを見たお客さんがお店にたくさんやってくる。
そして好きな商品を買って帰っていく。

集客→販売の流れです。

 

これに対してダイレクトレスポンスマーケティングは

集客→教育→販売

と、間に「教育」が入ります。

 

スーパーに並ぶ、肉や魚といった商品であれば
集客→販売の流れでも十分売ることができました。

しかしながら情報商材アフィリエイトで取り扱う、
情報商材というのはそうはいきません。

 

 

まず1つとして値段が高額であること。

商材1つで数万円はするものです。

 

それから次に、信頼性に問題があるということ。

例えば国や大きな企業などにその「信頼性」が
保証されていたりすればいいですがそうではありません。

中には実際に詐欺的な商材もあります。

詐欺商材でないにしても、
その商材を買って勉強することによって
本当に満足いく結果を出すことができるのか、
といった意味での信頼性もあります。

 

高額で信頼性がどうか、といった商品をスーパーマーケットの
肉や魚と同じような方法で売ることができないのはわかるでしょう。

 

 

情報商材を売るときには
まず、「高いお金を払ってまで買う価値がある」ということを
お客さんに理解してもらわなければいけません。

そしてそれ以前に、「信頼できる優良なものである」ということも
わかってもらう必要があります。

 

そういった点をクリアするために、
「リストを取って教育する」という過程が必要になってくるわけです。

 

 

情報商材アフィリエイトにおけるダイレクトレスポンスマーケティングの
流れとしては、まず、集客をする。

 

同時に「リスト」を取る。

 

実際の形としてはメルマガやLINE@などの登録者を集めたり、
自分のコアな媒体(LINEやSkypeなど)に来てもらう。

それがいわゆるリスト取りというものですが、
「リスト」といっても実際は大事なお客さんであり、
一緒にビジネスをやっていくメンバーであるわけですので。

ここではまあ便宜上「リスト」と呼ぶことにします。

 

そしてその「リスト」に対して次は「教育」をしていくわけです。

 

「教育」の過程においては
メルマガや直接的なやりとりを通して、
上記2点、高額なことと信頼性のことについての問題が
解消されるよう努めます。

 

実際の形はそれが全てではないですが
そんなイメージで今は大丈夫です。

 

そして「教育」の過程によって問題が解消されたのちに、
いよいよ販売をしていくという流れになってきます。

 

いくらかトラフィックビジネスに比べると
ややこしいかもしれませんが、
情報商材アフィリエイトにおけるマーケティングの基本は
そういった感じになります。

 

詳しくはこちらを参照
情報商材アフィリエイトとダイレクトレスポンスマーケティング

 

 

 

情報商材アフィリエイトとコピーライティング

 

さて、ダイレクトレスポンスマーケティングを知っていただいて
情報商材アフィリエイトの全体の大まかな流れを掴むことができたかと思います。

この先は、その部分部分において欠かすことのできないものに「文章」がありますが
それに関わって、コピーライティングのお話をしていきましょう。

 

 

コピーライティング基礎

 

情報商材アフィリエイトを行うにあたって、
文章を書くことは避けては通れません。

かなり色々なところで文章を書く機会があります。

 

ツイッターやフェイスブックの投稿にしてもそうだし、
ブログ記事やメルマガにしてもそう、LPやレターを作るなら
そこでもまた、文章です。

基本的にネット上でモノを売っていく仕事であるので、
文章は必須になります。

 

もちろん音声や動画のコンテンツを用いることもできますが
それでも基本は文章です。

よってしっかりとした文章を書くことができるというのはまず大切です。

 

 

まあ今そんなに書けないとしてもこれは回数を重ねて
練習していけば書けるようになるものです。

僕もそうでしたからね。
最初は誰もそんなに書けません。

たくさん書いているうちに自然と書けるようになってきます。
そういうものですのでそこは安心していただければなと思います。

 

 

さあではコピーライティングを、ということですが
まず初めにお話しておきたいのは、コピーライティング力=文章力ではない
ということです。

文章とコピーは違います。

 

コピーライティングは、
人の心を文章によって動かし、購買へとつなげるための技術であると言えます。

 

情報商材アフィリエイトにおけるコンテンツの中で
ただ文章を書いていればそれがコピーライティングかと言えばそうではないんですね。

極めて打算的な、ビジネス的なスキルになります。

 

実際のセールスレターなどでは書き手のコピーライティング力が
大きく出るところです。

レターを少し修正するだけで成約率が変わるというのはよくある話です。

よってしっかりと売り上げを上げていこうと考えるならば、
しっかりとしたコピーライティング力を身につけなければならないわけです。

 

コピーライティングのテクニックはここで全てを話そうとすると
膨大な量になってしまうので割愛します。

 

各リンク先で詳細を学んでください。

情報商材アフィリエイトとコピーライティング

 

 

アフィリエイトブログにおけるコピーライティング

 

ブログのライティングに特化した記事をいくつか書いていますので
リンクを載せておきます。

 

コピーライティングというと
セールスレターを書くときの技術なんじゃないか
とよく言われるものですが実際はそれのみにとどまらず
全ての文章でコピーライティングのスキルを使用します。

 

特にブログ記事というのは一番書く頻度が高いものと思いますので
それについてもしっかりと理解を深めておいてください。

正直ここに書いてあることを意識するだけでも
あなたのライティングは一気に変わりますよ。

ぜひ、参考までに。

 

アフィリエイトブログにおけるコピーライティングについて
(ブログのライティング全般)
アフィリエイトブログにおけるプロフィールの重要性、書き方
(単なる”自己紹介”で終わらないストーリーを用いた戦略的プロフィールのライティング)
記事を書くときに意識しておきたいこと①
(ブログ記事の構成について)
記事を書くときに意識しておきたいこと②
(記事内容を深めていくための工夫)
記事を書くときに意識しておきたいこと③
(実際の記事ライティング時に特に注意すべき4要素について)
記事を書くときに意識しておきたいこと④
(魅力的なタイトル付けのために必要な5要素について)

 

 

 

情報商材アフィリエイトとブランディング

 

競争の激しい現代のビジネスにおいては、
ブランディングというのは必須です。

 

ブランドとは差別化です。

 

ブランディングがしっかりできていれば
ビジネスを有利に進めることができます。

 

また、ブランドは利益率を極限まで高めます。

 

ブランドと言われてパッと思い浮かぶことと言えば
ルイヴィトンやバーバリーなどといったものではないでしょうか?

 

例えばルイヴィトンのバッグは何十万円もするわけですが
その原価はいくらなんでしょうか。

ちゃんとした数字は知らないですが
5万も10万もすることはないでしょう。

 

その程度の原価で作られるバッグですが、
そこに「ルイヴィトン」と名前が刻まれることによって
売値が跳ね上がるわけです。

 

これがブランドの力です。

 

ルイヴィトンのものであるというだけで、
原価の何倍、何十倍の値段がつくわけです。

全く同じ品質のものでも無名のバッグであれば
何十万円という売値がつくはずがありません。

ブランドによって利益率が高められたと言えます。

 

 

情報商材アフィリエイトというビジネスに置き換えても同じことが言えます。

 

情報商材アフィリエイトにおいては、
アフィリエイター自身がブランドにならなければいけません。

自身をブランド化するんです。

 

それがルイヴィトンのときと同じように、
差別化になり、利益率を高めることにつながるわけです。

 

自分がしっかりとブランド化されていれば
同業他社から一歩抜きん出ることができます。

 

そしてリピーターがつくようになります。

 

ブランディングがしっかりできていれば
一度商材を買ってくれたお客さんがまた別の商材を買う際には
あなたのところにやってきてくれるようになります。

 

ビジネスの世界では1:5の法則というものがあります。

これは簡単に言えば、新規のお客さんを獲得するのにかかるコストは、
既存のお客さんを維持するのにかかるコストの5倍かかるというものです。

 

要は新規顧客獲得のためにはたくさん広告出したり、
人が動いたりするものだからお金がすごくかかるということですが、
ブランディングがしっかりできていれば既存客のみでビジネスを回すことができるため、
新規顧客獲得にかかるコストが削減できるというわけです。

 

結果的に、利益率が高まるということが言えます。

 

これがブランドの力であるわけです。

 

したがって情報商材アフィリエイトにおいても
ブランディングはすごく大切なことであるので理解しておくべきです。

 

これに関わって、2つ関連記事を載せておくので
チェックしておいてください。

 

自分のフィルターを通すということ。
ブランディング ~お客さんの期待を超える~

 

 

 

媒体構築に関わって

 

ここでは情報商材アフィリエイトを行なっていくにあたって
最も基本的なものである、ツイッターとブログについて、
しっておいてほしいことを記事にしていますのでご紹介します。

 

それぞれ作り始める前に読んでいただければなと思います。

 

 

ツイッターに関して

 

ツイッターをネットビジネスで活用する
ツイッターを情報商材アフィリエイトに取り入れ稼ぐ
情報商材アフィリエイトをツールを使って回す

 

 

ブログに関して

 

アフィリエイト初心者がブログをやってはいけない理由。
情報商材アフィリエイトのブログ(サイト)について大まかなこと
ブログ記事のネタ探しに困らないよう知っておきたい5つの方法

 

 

 

情報商材アフィリエイトをさらに詳しく学びワンランク上を目指すために

 

アフィリエイトに関しては僕のブログでも
かなり詳しく書いていますが、それのみにとどまらず、
積極的に情報商材などに自己投資をして
ガンガンレベルアップしていっていただきたいです。

 

情報商材を使った学びに関して、記事を書いていますので
こちらを参考に、効果的な学びを進めていってください。

 

情報商材アフィリエイト いかに学ぶか。本?情報商材?
情報商材の一般的な価格は?買う時の注意点は?

 

 

 

まとめ

 

さて、かなり長くなりましたが
ここまでこの記事を読んでくださったあなたは
相当やる気に満ち溢れ、それと同時に覚悟が決まっているんでしょうね。

 

中途半端な人ならこんな長い記事途中で脱落しているでしょう。笑

まずは、その点が本当にすばらしいと思います。

 

そして僕もそんなあなたのような人と一緒に
ビジネスライフを送っていけたらなと思っているんです。本当に。

 

必死に目標や自分の理想を叶えるために学ぼうとする人に対しては
やっぱりサポートにも力が入るというものです。

 

もしあなたが本気なのであれば、
こちらから提供できるものもあります。

 

ぜひぜひ、コンタクトをとっていただければなと思いますので。

 

 

LINE→zzbr
アドレス→88zzbr@gmail.com

こちらからご連絡ください。

 

もし僕がどんなやつなのか気になって気持ち悪いということでしたら
プロフィールを流し読みでもしていただければいいので。

鳥居のプロフィール

 

本当に気軽に連絡いただければいいですよ。
僕もゆるくやってますので。

 

そして少し途中でも紹介しましたが、
メルマガもやっています。

 

こちらも普段のブログ記事とは少し違った切り口で
ビジネスのことについていろいろと語っていますので、
情報商材アフィリエイトやっていくには結構参考になるものです。

鳥居のメルマガはこちらから

 

メルマガ内でも実績作りのノウハウなども流していますのでね。

 

それでは長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

失礼します。

 

 

 


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ