情報商材アフィリエイトとコピーライティング

こんばんは、鳥居です。

 

今日は情報商材アフィリエイトにおける
コピーライティングということについて
また色々とお話ししていきたいと思います。

 

コピーライティングというと
パッとセールスレターを思い浮かべるかもしれませんが、
なにもそれはレターを書く時の技術のみにとどまりません。

 

僕たちが使う文章は全て”コピーライティング”であり、
情報商材アフィリエイトをやっていく上ではこのコピーライティングの力
というのは必須です。

これなしにはまずやっていけません。

 

 

そのあたりを少し掘り下げて考えていくことにしましょう。

 

さて、まずコピーライティング力が
ただの文章力とイコールでないことは大丈夫でしょうか?

 

これは僕もちょくちょく言っています。

自分の好きなことを好きなように書いていればいいわけでもないですし、
キレイな文章が書ければそれでいいわけでもありません。

 

コピーラインティングはお客さんの心を動かして行動してもらったり、
何かしらの考えを持ってもらったりするために存在します。

 

ある意味、打算的な文章を書くための力と言えます。

 

 

そして、情報商材アフィリエイトに取り組んでいくにあたっては、
そういった文章を書くというところは避けては通れないところであり、
よってコピーライティングのスキルが必須になってくるわけです。

 

 

 

 

情報商材アフィリエイトでは時に打算的に文章を書く必要があり、
そのためにコピーライティング力が必要ということですが、
それでは情報商材アフィリエイトを展開していく上でどういったところで、
どのようにコピーラインティングが活きてくるのかというところをお話ししていきましょう。

 

以前の記事でもお伝えしましたが、情報商材アフィリエイトは基本的に
いくつかの媒体を組み合わせて展開してきます。

 

SNS、ブログ(サイト)、メルマガなどが主なものになりますが
その全てにおいて、文章を書くことが要求されます。

 

ツイッターをとってみても140文字という制限がありますが
あれも立派な文章で、コピーライティングの技術をフル活用していきます。

 

僕はツイートの1つ1つはコピーだと思っています。

 

プライベートのアカウントでツイートするならば適当に思ったことを
だらだら書いておけば問題ないわけですが、ビジネスともなるとそうはいきません。

 

ツイートはコピーです。

 

140文字でフォロワーの心を動かし、共感してもらい、
レスポンスを取り、バイラルを巻き起こします。

それは極めて打算的であり、”ただなんとなく”であってはいけません。

 

ツイッターでのアプローチ1つとっても
コピーライティング力は要求されるわけです。

 

 

 

さらに情報商材アフィリエイトにおいては必要不可欠ともされる
ブログ記事やメルマガともなるとなおさら強く、文章ということを意識するでしょう。

 

もちろんブログやメルマガなどを通しての情報発信は
基本的には読者のことを第一に考え、読者のためになるような
情報を提供し続けるべきです。

 

それは大前提としてあるわけですが、
実際の話、それだけではマネタイズできないわけです。

読者のことを考えた情報発信に加えて、
キャッシュポイントまでの導線を引かなければいけません。

 

その際にはやはりコピーライティング力が必要になってくるんですね。

 

 

 

例えば、商材をオファーするときの文章。

 

どんな言葉を使えばお客さんは
自分のところから情報商材を買ってくれるだろうか。

成約率を高めるにはどんな工夫が必要だろうか。

どんな文章構成にすればしっかりと自分の文章を読んでもらえるだろうか。

 

そういったことを考えていく必要があり、
それがコピーライティングの力ということになります。

 

情報商材をオファーするときもそうですし、
他にはメルマガのランディングページの文章や構成、
メルマガ1通目の自己紹介、
メルマガやブログ記事のタイトル付け、
SNSのプロフィール欄などそういったところで書く文章というのは
通常の情報発信時のそれとは明らかに内容や目的が違うわけです。

 

それは何度も言うように打算的であり、
コピーライティング力なしには不可能になってくるところでもあります。

 

情報商材アフィリエイトにはそういった文章を書く機会というのが
本当にたくさん出てくるわけです。

 

よって、個人で情報商材アフィリエイトを展開していく上では
コピーライティングという分野は避けては通れないところになってきます。

 

 

 

逆に言えばコピーライティングをしっかり学び、しっかりとしたスキルを
身につけることができれば、情報商材はどんどん売れていくわけです。

 

間違った方向に使えば詐欺商材を売ることだってできます。

 

それが情報商材アフィリエイトにおける
コピーライティングというものです。

 

まあ僕の周りにはそんな間違った使い方をする人なんていないですけどね。

 

 

 

さて、今日はこのあたりで失礼したいと思います。

 

 

何度も言うように情報商材アフィリエイトには
コピーライティング力は必須です。

ここは力を入れて勉強していきたいものですね。

 

 

 

 

 

 


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ