高みを目指して。

いや~何を書こうかなーと思っているわけですけどね。
まあ時間も結構いい時間なのでだら~と書こうかなとは思っているんですけどね。笑

 

やっぱり夜中一人で部屋にいるとなんとなくしんみりとするわけです。

 

そんなしんみりしたテンションの中記事を書いていたりすると
以外にいいことが書けたりして、とか思ってるんですけどね。

 

っていってもこういう時ってたいてい内容のない話になるものなので
僕の無駄話に付き合ってくださる暇を持て余している人以外は
こんなところで時間を消費しないことをおすすめします。笑

 

 

 

最近なんですが、
僕がちょいちょい飲みに行く馴染みのバーのマスターが引退されたんですよねー。

 

その方は40歳過ぎで長髪で背が高くて威圧感Maxな風貌をしてらっしゃるんですが
見た目の通り、相当遊んでらっしゃるみたいで。笑

 

いまだに若い女の子とも遊んでいるみたいです。笑

 

しばらく隠居生活をしたのち小さいバーを開かれるとのことだったので
そちらにもまた行かせていただこうかなーと考えているわけです。

 

 

その方とはいろんなお話をしました。

 

やっぱり最初話すまではちょっとびびっていた部分もあったんですけど
話してみるとすごく面白くて、女関係、セックス関係の話をたくさんしました。笑

 

 

それで、その人と話しているとすごくパワーやエネルギーを感じるんです、毎回。

 

話に説得力があって、なんだかんだ納得させられる。

くだらない話をしているんだけれどもなぜか哲学や文化を感じさせられる。笑

自分なりの「理論」を持っている。

 

長く、年を重ねてきたことで出来上がってきた「自分」というものもあるんだろうなとは思うんですが、
なんでこんなに話に引き込まれるんだろうなーと考えていました。

 

 

僕の話にはなくて、マスターの話にあるもの。

 

 

 

具体例なのかな、と。

実践・実体験を伴った、自分だけの具体例。

 

これって単に話がおもしろくなるとかそういうことだけじゃなくて、
人生において、人間的な厚みを増していくためにすごく大切なのかなと。

 

別に特に難しい話をしているわけではなくてですね。

 

酒を飲みながらするくだらない話とか、息子や娘にしてあげる話とか、
そういった自分の話の中に実体験を伴った自分だけの具体例があるかどうか。

 

これってなんか大切なことなんじゃないかなーと思ったわけです。

 

そういった「具体例」のストックが多い人って人間的におもしろいですし、
やっぱり輝いていますよね。笑

 

 

たいていは現在進行形で「具体例」を作ろうと心掛けています。

人も集まります。

 

もちろん若いうちはそれが少ないです。

 

40代50代の人たちに比べれば、圧倒的に人生経験が少ないし、
それ故、具体例も少ないわけです。

 

僕みたいな若者がやっていくべき大切なことのうちの一つは、
この「具体例」を増やしていくことなんじゃないかなーと思ったりしているわけです。

 

 

時間というものは誰にも平等に与えられていることは言うまでもありません。

 

それはどうしようもないことではありますが、
時間の使い方、密度を向上させていくことなら可能なのではないでしょうか。

 

パズドラばかりやっていては「具体例」は増えないでしょう。

 

 

今ある時間をどう使うか。

 

 

 

ネガティブなことばかりじゃなくてもいいわけですが、
楽しいことも、つらいことも、多く経験した人っていうのがやっぱり、
人間的な厚みを持ち合わせた素敵な人になっていくんでしょうね。

 

 

内容のない会話ができる人ってなんかダンディですよね。笑

そんなことないですか?笑

 

すごく楽しく話したけど次の日になったら何話したかあんまり覚えていない。
そんな風に特にどうでもいい話をおもしろおかしく話すことができる。

薄っぺらい人にはできないことです。

 

内容のある話ならだれでもできるものですが、
内容のない、くだらない話をすることができるということに関して
なんとなくその人の中に文化が存在するのを感じてしまうのは僕だけでしょうか。笑

 

たぶん僕だけですね。笑

 

さて、そろそろなんの話をしているのかよく分からなくなってきたので寝ましょうか。笑

 

こんな記事まともに読まないでくださいね。笑

たまにいろいろと思うことがあるもので
自分の頭の中を整理する意味で文字にしているだけなので。

 

それでは今日はこの辺で失礼しますね。

おやすみなさい。


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ