ネットビジネスにおけるリストビジネスとトラフィックビジネスについて

前回の記事で少しだけ触れたリストビジネスと
トラフィックビジネスについて、まあ知識的な部分なので
手短にお話ししたいと思います。

 

タイトルがやたらと長くなってしまいました。
反省します。笑

 

 

さて、まあネットビジネスに限らず使われる用語ではありますが、
考え方として、その2つがありますね。

 

自分がやりたいビジネスの形などとも関わってくる
ところではありますが、ここでそれぞれについて理解し、
自分のビジネスの基礎の部分を固めるようにしてください。

 

 

まずはリストビジネスから説明していきます。

これはまあアフィリエイトやってる方などはよく採用している
ビジネス形態で、リストをとってセールスをするようなものです。

 

メルマガなんかがその代表でしょうか。
最近はLINE@なども出てきていますね。

 

メルマガなど、お客さんのメールアドレスを集めることを
リストをとるなんていう言い方をしたりしますが、
そうやってリストを集めてそのリストに対してアプローチしていく
というビジネスの展開の仕方ですね。

 

 

これはお客さんとのしっかりとしたコミュニケーションや
ブランディングなどの要素も必要になってきます。

 

どれだけたくさんリストを集めたところで
お客さんとの関係が全然築けていなかったり、
ブランディングができておらず自分のことを
信用してもらえなかったりしたら
どれだけいい商品を紹介しても買ってもらえません。

 

 

また、その逆もあります。
数の少ないリストでもやることやっていれば
しっかりと売り上げを上げることができるわけです。

 

まあそういうような意味からリストビジネスというのは
少し高度な技術が必要になってくるかもしれませんが、
大きく稼ぐには非常に有効な手段であると言えます。

 

ネットビジネスの基本はダイレクトレスポンスマーケティングだ
ということは以前言いました。

 

 

 

そして、トラフィックビジネスについてですが、
まずトラフィックとは要はアクセス量のことです。

 

リスト取りをしてDRMでもって展開していくリストビジネスに対して、
こちらはガンガンアクセスを流し、商品を売っていくというものです。

 

 

例えば、ブログにいくつか広告バナーなど
キャッシュポイントを用意しておいて
そこにSEOやPPCなどからガンガンアクセスを流して
売っていくという感じです。

要は数で勝負なわけです。

 

こちらはお客さんとのコミュニケーションは一切ありません。

 

勝手にお客さんがブログにやってきて
勝手に売れていくというものです。

 

まあだからといって簡単であるとはなかなか言えないでしょう。

 

リストビジネスと比べて成約率という面では圧倒的に劣るため、
常に新規のアクセスを集め続けなければいけません。

そういう面もあるということです。

 

 

まあリストビジネスとトラフィックビジネスということで
お話ししてきましたが、完全にそれぞれを独立したものだとみなして
ビジネスを展開する必要もないかと思います。

 

それぞれの長所をしっかりと理解し、それらを組み合わせて
やっていくのがいいんじゃないでしょうか。


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ