もう一度、学校で学んだことを思い出してみたらいいと思う。

幼稚園や小学校、中学校、高校で教わったこと、学んだことというのを
ビジネスをやり始めると忘れてしまう人も多いのではないかと思いまして。

 

よくまあ学校教育は労働者を作るためにあるものだ!とか
いい起業家が育たないじゃないか、とかそういった指摘も多いものですし、
事実である部分もあるかもしれないのでこういうビジネス関係のブログで
学校を思い出そうとか言っても違和感を感じる方も多いかもしれませんね。

 

しかしながら、それと同時にビジネスをやる上での基礎というのは
間違いなく学校教育の中でそれぞれが身につけてきたものであるわけです。

 

それはどんなものかと言えば、例えば
コミュニケーション能力とか、
思考力とか判断力とか表現力とか。

それから文章力や読解力、
発想力、問題解決能力なんかもそうでしょうか。

 

人を相手にするビジネスをしていれば
コミュニケーション能力が必要なのはわかりますよね。

ブログ記事を書こうにも
思考力や文章力などがなければ厳しいでしょう。

 

したがってそういった力がビジネスをやるには必要だということは
ご理解いただけるかと思うんですが、それというのは
紛れもなく学校という場で身につけてきたものなわけです。

 

今回は学校教育の大切さを伝えたわけでもないので
これぐらいにしておきますがそれもまた話としては
おもしろそうですよね。

ビジネスと学校教育についてとか。

よく話題になることでもあるかと思うので、
僕のバックグラウンドを通して、僕の視点からまた
少し長めの記事にしたりレポートみたいな感じで綴ってみたり
したいな〜とか思ってるんですが、そういうのは怒られるでしょうかね。笑

 

まあまた暇になったら。笑

 

 

 

前置きが少し長くなってしまったわけですが、
今回はそんな思考力とかいう難しい話をしたいのではなくて、
子どもの頃に教わったり学んだりした大切なことを
ビジネスをやっていく上でも大切にしていったらいいんじゃないかな、
というお話です。

 

その「大切なこと」とはなにかということになりますが、
例えば幼稚園の時に習った、挨拶をしようとかですね〜。

 

他にもいろいろなことを僕たちは学んできましたね。

 

決まりを守ろう
目標を高く持とう
みんなで楽しく過ごそう
感謝の気持ちを持とう
悪いところを改めよう
心を磨こう
思いやりを持とう
相手のことを考えよう

 

そのどれもが大切だと僕は思うんですがどうでしょうかね〜。
これは単なるマインド的な、自己啓発的な話にとどまらず、
売り上げを上げていくためにとかそういう意味で。

 

 

相手のことを考えようとかなんてなくてはならないことだと思うんですがね。

 

前の記事で「お客さんのことを知る」という話をしたかと思います。
要はリサーチが大切だよということでしたが、
「相手のことを考える」ということができない人は
ネットビジネスの世界においてはなかなか厳しいような気がしますね。

 

リサーチありきのアプローチができないわけです。
相手の欲求や問題といったことを理解しないまま
セールスをしていくことになります。

果たしてそれでいいのだろうか、ということですね。

 

相手の立場に立って考えるということは
小学校において既習です。

それはビジネスをやる上でも大切ですよね。

 

 

 

他のことについても同じです。

例えば感謝の気持ちを持つということに関して言えば、
ビジネスというのは、価値と価値の交換であるというのは
よく言われることですよね。

 

もう少し言えば価値とお金の交換ということになるわけですが、
お金というのはどういう時に支払われるか、ということです。

 

まあ当然ながら、相手が自分に対して価値を感じた時、
ということになるわけですが、これは「感謝をした時」と
言い換えることができるかと思います。

 

相手が自分に感謝する時、お金が支払われる。
お金が支払われる時、相手は自分に感謝する。

 

そうあるべきではないかと。

 

お客さんから「ありがとう」と言われるようなことを
追求していけば結果っていうのはついてくると思うんですけどね。

 

 

逆にこの「ありがとう」なしでお金が支払われる時というのも
場合によってはあるかもしれません。

例えば、押し売りをした時とか、
詐欺的な売り方をした時とか。

 

そういうのっていうのはその時単発には売れるかもしれませんが、
いずれ限界がくるわけで結局、よくないわけです。

そういうことをやっていてはいけないわけですが、
ここで本題に戻ると、感謝できない人というのは
感謝という概念が抜け落ちているために、必然的に
そういう傾向に陥る可能性が高いんだということが言えます。

 

感謝する側の気持ちがわからないために
当然ながら相手から感謝されるようなことを追求できないわけです。

 

結果として、「お願いします!買ってください!」とか
「これ買えば今すぐにだれでも簡単に稼げますよ!」とかっていうことに
なるんですよね〜。

なんとも残念です。

 

 

幼稚園や小学校で身につけてきたことを
忘れずにいればいいだけの話なんですけどね。

かといって自分はちゃんとしているのかと言われれば
どうなんだろうってなりますがね。笑

 

 

 

まあ他にも書くことはいろいろあるんですが
もう眠いのでこのへんで。

 

それではおやすみなさ〜い。


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ