お客さんに商品を買っていただくには?

こんにちは、鳥居です。

 

商品をお客さんに買ってもらうにはどうしたらいいんだろう、
というすごく基本的な部分のお話をしようと思っていますが
あなたはそれについて考えたことがあるでしょうか。

 

まあお客さんが商品を買うということについては、
いろいろな要素から成るものでもあると思うので、
ここで書くことがすべてではなく、
その要素のうちの一つとして読んでもらえればありがたいです。

 

 

お客さんに対してどうアプローチしていくか
ということについては「OATH」によっても違ってくる
というのはありますね。

 

これは『ネットビジネス大百科』を買われて勉強されてる方なら
わかるかと思いますが、お客さんの抱える問題に対する意識レベル
のことですが、まあここでは詳しくはいいでしょう。

 

 

僕からお話ししたいことは、お客さんの心理として
「なんとなく欲しいな〜」程度から「今すぐにでも必要だ」
まで持っていくことができるか、ということです。

 

当然ならがお客さんが「今すぐにでも必要だ」という風に
思ってくれたのならば売れやすくなるわけです。

 

お客さんの必要感を沸き立たせ、それに迫るということ
考えていきたいと思います。

 

 

 

 

これもよく言われることかと思んですが、
コンビニの傘を例に取り上げ、お話ししていきます。

 

コンビニに500円くらいでビニール傘売ってますよね。

買ったことある方もたくさんいらっしゃることかと
思いますが、その傘、どんな時に買ったのかなというお話です。

 

 

コンビニの傘というのは値段も安いですが、
その分壊れやすくそれも透明のビニール傘で
いかにも安っぽい、その場しのぎ的な商品だと思います。

 

当然ながら普段、朝から雨が降っているような日の
通勤・通学に使うために傘が必要だから
コンビニに買いに行こ〜ということにはならないわけです。

 

そういう時はもう少し別のところで
ちゃんとした傘を買うかと思うんですが、
じゃあコンビニで傘を買うときはどういう時かということです。

 

という風に考えたらやっぱり例えば、
出先で急に雨が降ってきたとか、まあそういうシチュエーションが
メインになってくるかと思いますね。

 

コンビニの傘は晴れている日にはほぼ全く売れないわけです。

 

 

それではなぜ出先で急に雨が降ってきたときに
コンビニの傘は売れていくのかという話になります。

 

これはもちろん自分が傘を持っていないという状況下で
雨が降ってきたためなんですが、アホか、と思わないでください。笑

 

これ以外のビジネスにも応用することができるよう、
もう少し抽象化してお話ししたいと思うんですが、
「必要感に迫られた」と捉えることはできないでしょうか。

 

無理やり感があるように感じるかもしれませんが
まあこの話をしたくてこの例を持ち出したのでそこはいいとして。

 

 

急に雨が降り出したとき、コンビニの傘がどんどん売れていくのは
傘を買う必要感に迫られたから。必要性を感じたから。

 

そうでしょう?

 

晴れの日には全く売れなかった傘も
そうやって雨が降り出しお客さんの中に必要感が生まれれば
売れていくわけです。

 

逆に晴れの日にどんだけがんばってコンビニで傘を売り出しても
大して売れないでしょう。

それはお客さんの中に必要感がないから。

 

 

要は物を売りたいと思ったらお客さんの必要感に迫れば
売れるということが言えます。

 

だからコンビニで傘をガンガン売りたいと思ったら、
ことごとく天気予報を裏切り、いいタイミングで雨を
降らせればいいわけです。笑

 

けどまあ実際これは無理なわけですよね。笑

 

そんなことはなかなか簡単ではないと思うんですが、
じゃあネットビジネスにおいてはどうかと考えたら、
案外「いいタイミングで雨を降らせる」ことは可能なのでは
ないかなと思うんですよ。

 

そういうような仕組みを作っておくとか、
コピーライティングのスキルを十分に生かして訴えかけるとか。

 

まあ具体的なことを見ていけば色々な形で
「必要感に迫る」アプローチというのは展開されているわけです。

 

 

 

 


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ