あなたがゆずれないこと、ポリシーはなんですか?

こんばんは、鳥居です。

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

ここ最近はこの時間カフェに避難して作業をするということが
習慣化してきたために、比較的効率的に時間を使うことが
できるようになってきました。

 

ルーティーン化して取り組むというのも
継続的に効果的にがんばっていくためにもいいのかもしれないですね。

 

 

ちなみに僕のおすすめのカフェNo.1は支留比亜珈琲(シルビアコーヒー)です。

個人的に結構好きです。笑

 

まあ正直カフェでパソコン広げて作業してると
店員さんの目が少し怖くて、申し訳ないなと思うんですが
そこを許してくださいと思いながらいつもお世話になってます。笑

店からしたら決していい客ではありませんね。

 

 

 

まあそんなことはどうでもいいとして、
さくっと今日のお話をしていきましょうか。

 

 

 

さて、タイトルの件に関わって。

ゆずれないこと、ポリシー、信念、理想、
そういったことに少し触れておきたいなと思います。

 

 

まずは質問です。

 

あなたはなぜ、ビジネスに取り組もうと思ったんでしょうか?
その中でもなぜ、今やってることを選んだんでしょうか?
絶対にゆずれないことはあるでしょうか、それはどんなことでしょうか?
どんなことを大切に、ビジネスを展開していきたいと考えているでしょうか?

相変わらずの質問攻め、お許しください。

 

しかし、こういったことを考え、追求していくことは
やぱり大事なことなんじゃないかな、と思うわけです。

 

要は自分の信念の部分です。

 

そこが抜けたらよろしくないわけです。

なぜよろしくないかと言えば、それは
信念のない人というのは魅力的ではないから、です。

 

特にネットビジネスに限った話をすれば、
ネットビジネスというのは基本的には個人でやることが
多いかと思います。

 

会社としてやるならば会社の看板を背負うことができるのでいいですが、
個人でやっていく場合は自分が全て、です。

なににも頼ることはできません。

 

自分に対するお客さんからの評価が収益に直結するわけです。

 

冷静に考えてみればそこまで怖い世界もなかなかないのかなとも
思いますが、それが事実です。

その中で戦っていかなくてはいけません。

 

自分ひとりで、個人として、人を集め
ビジネスを展開していく必要があるわけです。

 

 

そこで考えるべきなのが、どういう人間の元に
人は集まるか、ということです。

 

当然ながらただ単に情報弱者向けの甘い言葉を並べ立てる人の
元にお客さんは集まってこないでしょう。

一時的に集まったとしてもそれはそこまです。
中身のない人間の言うことっていうのは
すぐに気付かれるものです。

ばれたら終了です。

 

 

僕が思うに人が集まってくる人間とは、
単に魅力的な発信をしている人。

もっと言えば魅力的である人。

 

それに尽きるんじゃないかな、と。

 

 

今回のテーマに戻りますが、
魅力的な人間というのは誰しも例外なく信念を
持ち合わせているものです。

 

そういう人っていうのは、
自分の中にあるしっかりとした考えを、
他人の言葉の受け売りとかではなくしっかり自分の言葉で、
表現することができるわけです。

 

それは決して画一的なものではなく、
まあ似たようなことを言ってる人が他にいたとしても
自分のフィルターを持ち合わせ、それを通して、
言葉を発することができるため、
見ている人からは魅力的に映るわけです。

個人でビジネスをしていくためにはそういったことは必須です。

 

さっきも言いましたが「自分が全て」だからですね。

 

 

信念を持ち合わせた魅力的な人間というのを追求していくことは
ブランディングにもつながっていきます。

 

なんの信念もなしにビジネスをやっている人が
有名な人を表面上だけ真似ようとしてもやっぱりうまくいきません。

 

それはその人が超えてきたものや
その人の根本の考え、信念を理解していないからです。

 

その人がそこまでのブランドを築きあげられたのも
しっかりとした信念を持ってやっていたからです。

それを抜きにして、表面上だけ真似ようとしても
だめなわけです。

真似るなら根本の部分から、です。
もちろん全く同じことをというわけではなく。

 

 

 

そしてただ、信念を持てばいいという簡単な話でもありません。

お客さんの購買行動は提供側の信念に対する評価の結果
であるということが言えます。

 

いくら自分だけの信念を持っていたとしても、
それだけではだめで、それがしっかりとお客さんに
認められ、評価されなければなんの意味もないわけです。

 

 

なかなか大変なことかもしれません。

しかしながら個人でビジネスを展開していく以上は
ここは外せない部分であると思います。

 

 

ぜひ一度、それについてちゃんと考える機会を
持つことができればいいなじゃないかなと思います。

 

それでは。


  必須   お名前(姓)

  必須   メールアドレス




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ